4月 季節の変わり目 花粉症に注意

木々や花が芽吹いて新緑まぶしい季節となりました。
子供達も新学期を迎えましたね。
初めて幼稚園や保育園に通うお子さんは、新しい環境に毎日緊張や疲れも出てくるかもしれません。疲れが見えるようであれば、早く休むなどお子さんの様子に寄り添った生活を心がけましょう。

 

目をよくかいていたり、鼻がつまっているお子さんはいませんか?

 

もしかしたら、それは「花粉症」かもしれません。
花粉症になる子供は、年々増えています。

 

子どもの花粉症

 

子供の花粉症の特徴は、鼻が小さいため、鼻がつまりやすくなることです。鼻がつまると、口呼吸をするため、口を開けていることが多くなったり、飲み物や食べ物が飲み、食べづらかったりします。また、目がかゆくなり、目をこすることも増えます。

 

スギ花粉が飛翔する1月下旬から4月にかけては、風邪やインフルエンザの流行時期と重なり、判断が難しい場合もありますので、お子さんに上記のような症状が続く際は、医療機関にかかりましょう。

 

症状緩和には、目薬や点鼻薬、飲み薬などの処方もありますが、マスクをする(鼻を出さない、頬の部分などに隙間をつくらない)、風の強い日の外出は避ける、家に帰ってきたら手洗い、うがいを必ず行うなど、花粉を体に取り込まない工夫もしましょう。

 

子どもの花粉症

 

東京都では「とうきょう花粉ネット」で花粉予報のメールを配信しています(登録制)。ぜひご活用ください。

 

参考URL:とうきょう花粉ネット
http://pollen.tokyo-kafun.jp/kafun/index.php?action=KafunMapYohoNew

 

*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/

3月 春に向けて公園で遊ぼう

だんだんと日差しが暖かくなってきました。
外で遊ぶ時間もどんどん増やしていきたいですね。
ぜひ、身近な遊び場「公園」に親子で足を運んでみましょう。

 

親子で講演遊び

まだ日が落ちるのが早い時間ですので、日があがって気温も高くなる午前中から日差しのある午後の時間帯に行きましょう。
公園はあんよがはじまったばかりの子供から体を動かすのが大好きな子供や、時間帯によっては小学生なども集う場所です。子供は自分より大きな子供が遊ぶ様子を見たり、一緒に遊ぶことで動作を真似して覚えていきます。同じ位の年齢のお子さんとのふれあいも、子供にとって刺激になります。

 

子供と公園遊び

ブランコや滑り台、アスレチックなどの遊具がある公園では、子供の年齢などによって、大人の手助けが必要な場合もあります。遊具の中に利用対象年齢が書かれているものもありますので、参考にするのもよいでしょう。

 

休日などは少し足を延ばして、遠くの公園に行くこともお勧めです。公園では、季節にあわせたイベントを開催していることもあります。東京都公園協会が運営しているサイト「公園に行こう」などでイベントなどを調べて、お外で楽しい休日を過ごしましょう。

 

参考URL:「公園へ行こう」(東京都公園協会)
http://www.tokyo-park.or.jp/

2月 「赤ちゃん・ふらっと」を利用してお出かけを楽しもう

寒さ本番、春が待ち遠し毎日ですね。

 

赤ちゃんと家にいる時間が長い方は、「赤ちゃん・ふらっと」のある場所を利用して外出してみてはいかがでしょうか?

 

ベビーカーの赤ちゃん

 

「赤ちゃん・ふらっと」は、東京都内で小さなお子さんを連れた方が安心してお出かけできるように、授乳室やおむつ替えなどを備えたスペースの愛称です。

 

図書館、保育園、児童館などの公共施設や、デパート、ショッピングセンターなど、現在1467か所あります(平成30年1月11日現在)

 

「赤ちゃん・ふらっと」のある施設には、「赤ちゃん・ふらっとマーク」を掲示していますので、外出先にこのマークをみかけたら、気軽に利用してみましょう。

 

赤ちゃんふらっとマーク

 

とうきょう子育てスイッチでは、「赤ちゃん・ふらっと」のある施設がわかるマップを掲載しています。スマートフォンなどを使って、外出先でも確認できます。

 

赤ちゃんとの外出を快適に過ごしてみましょう。

 

参考URL:赤ちゃん・ふらっと事業(東京都内の授乳室・おむつ替えスペース)(東京都福祉保健局)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/akachanflat.html 

 

子育て応援とうきょう会議HP「とうきょう子育てスイッチ」内「赤ちゃん・ふらっと」マップ
http://kosodateswitch.jp/flat/

 

※写真は写真ACから
https://www.photo-ac.com/

子育て応援とうきょう会議(第13回全体会議)を開催します!

black

 

子育て応援とうきょう会議は、社会全体で子供と子育て家庭を支援することのできる東京の実現に寄与することを目的に活動しています。

この度、第13回全体会議を開催いたしますので、下記によりお知らせします。

 

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/01/22/13.html

(東京都福祉保健局HP)

 

1 開催日時   平成30年1月29日(月曜日) 午後3時30分~午後5時00分

 

2 開催場所   東京都庁第二本庁舎31階 特別会議室22

 

3 議題   平成30年度事業計画(案)等について

 

4 会議傍聴の申込みについて

(1)会議の傍聴を希望する方は、1月25日(木曜日)正午までに下記の問合せ先に電話、FAX、Eメールのいずれかにてお申込みください。(Eメールの場合、件名を「子育て応援とうきょう会議傍聴申込み」としてください。)その際、氏名・住所・電話番号(平日・日中に連絡のつく番号)をお知らせください。

(2)傍聴の際に、お子様の託児を希望される方は、1月24日(水曜日)正午までに「傍聴及び託児希望」とお申込みいただき、上記の情報に併せお子様の氏名・性別・年齢をお知らせください。お預かりできる対象年齢は6ヶ月から6歳(就学前)までのお子様です。託児サービスの詳細については別紙のとおりとなります。

(3)傍聴を希望する方の人数が会議室の傍聴可能人数を超える場合は、抽選の上、傍聴不可の方のみ1月26日(金曜日)までに、事務局から連絡いたします。同様に、託児の希望人数が託児可能人数を超える場合は、託児不可の方のみ、連絡いたします。

(4)当日のお申込みはできませんので、御了承ください。

 

5 取材の申込みについて

取材をご希望の方は、1月25日(木曜日)17時までに下記の問合せ先に御連絡ください。

 

6 お問合せ先

子育て応援とうきょう会議事務局

(福祉保健局少子社会対策部計画課)

電話番号  03-5320-4115(直通)

メール  S0000194@section.metro.tokyo.jp

1月 子供がお餅を食べる時の注意点

お正月には、家族や親戚とお餅を食べる機会がある方もいると思います。

冬は、焼き餅や、お汁粉、お雑煮などお餅を食べる機会が多くなりますが、

乳幼児にとって「お餅」は気を付けて食べたい食材のひとつです。

 

お餅を食べるこども

 

東京消防庁管内では、平成23年から平成27年までの年間に、餅などをのどに詰まらせて、562人が救急搬送されています。

 

救急搬送された多くは高齢者でしたが、乳幼児も注意が必要です。

 

乳幼児の喉は未発達のため、器官に物が入りやすく、餅を詰まらせてしまうことがあります。

 

餅を食べる際は、小さく切って食べやすい大きさにしましょう。そして、食べる時には必ず大人がそばについて様子を見ながら与えましょう。

 

子供がお餅を食べられる目安の年齢は3歳頃と言われています。大人と同じ固いものが食べられることや「よく噛んでね」などの話しかけが理解できる頃がよいでしょう。

 

お正月の御雑煮

 

万が一、餅が詰まった時は、早急に119番に電話をかけて救急車を呼びましょう。意識がある時は、救急車が来る間に、応急処置として背中を強くたたいて詰まった餅を取り除く背部叩打法(はいぶこうだほう)を行います。

STOP!子ども「窒息・誤飲」背部叩打法(東京消防庁)http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/topics/stop/02.pdf

(PDFファイルが開きます)

 

季節の食べ物を楽しく食べる機会です。窒息事故が起こらないように、注意していただきましょう。

 

参考URL:乳幼児の窒息や誤飲に注意(東京消防庁)http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/topics/201304/tissoku/index.html

 

東京消防庁2016年12月広報テーマ内「餅などによる窒息事故に注意」http://www.tfd.metro.tokyo.jp/camp/2016/201612/camp1.html