川・海で水の事故を防ぐには

各地で雨続きの日々が続いています。そんな中では、水との付き合い方がとても大切です。

 

お子さんと川や海に行く機会もまだある時期ですが、水難事故は毎年後を絶ちません。

 

平成28年(2016年)に全国で発生した水難は1,505件、水難に遭った人の数は1,742人、うちそのおよそ半数にあたる816人が亡くなったり、行方不明になっています。特に中学生以下の子供がなくなる場所は1位が「河川」です。

 

楽しく海や川で過ごすために、海・川での事故を防ぐポイントをご紹介します。

 

08photo03

【海の事故を防ぐポイント】

海は、流れの激しい場所や水温の変化の大きい場所があります。「遊泳禁止」の案内があるところにはいかないようにしましょう。

 

「遊泳区域」でも波の流れや水深、体力を考えて行動しましょう。子どもは水深が浅い場所でも、おぼれたり、波にさらわれたりします。

 

乳幼児や泳げない子どもと海に入る時は、必ず大人に付き添い、子供から目を離さないようにし、子供だけで遊ばせないようにしましょう。

 

また、釣りやボートに乗る時は、ライフジャケットの着用を必ずしましょう。

 

08photo02

【川の事故を防ぐポイント】

川での子供の死者、行方不明者は海の10倍になっています。川では絶対に子供一人で遊ばせないようにしましょう。

 

川に入る時、川のそばで遊ぶ時は、必ずライフジャケットを身に付けましょう。浅い川でも急な増水や川辺で足を滑らせて入水してしまうこともあります。

 

靴は、滑りにくく、脱げにくいリバーシューズやウォーターシューズを用意しましょう。ビーチサンダルやミュールは脱げやすくとても危険ですので、川では履かないようにしましょう。

 

水抜きのある、つばのない川専用のヘルメットをかぶり、洋服はナイロンなどの速乾性の化学繊維でできたものを着ましょう。

 

08photo01

 

特に最近は突発的な雨が多くなっています。水の流れてくる方向の空に黒い雲が見えた時や雨が降り始めた時、雷が聞こえた時は、川から離れてすぐに避難してください。

 

子供は水で遊ぶのが大好きです。海、川で安全に楽しく遊べるように準備していきましょう。

 

参考URL:

政府広報オンライン 水の事故、山の事故を防いで 海、川、山を安全に楽しむために
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201407/3.html

 

国土交通省 河川水難事故防止!「川で遊ぶ前に」http://www.mlit.go.jp/river/kankyo/anzen/index1.html

 

公益財団法人 子どもの水辺サポートセンター

http://www.kasen.or.jp/mizube/tabid107.html

感染症に注意!プール熱

暑い日はプールや海など水で遊ぶことが増えますね。
そこで夏にかかりやすい感染症「プール熱」について紹介します。

 

ブログ写真①

 

プールを介して感染が多いためこの名がついた「プール熱」は、別名咽頭結膜熱(炎)いんとうけつまくねつ)(えん)とも呼ばれています。
 
感染してから1週間程度で症状が出ることが多く、高熱が4~5日程度続き、喉の痛みや目が赤くなる(結膜炎)、鼻炎などの症状がでます。高熱の場合はよく冷やして水分補給を充分に行いましょう。結膜炎の症状が出た際は眼科医を受診してください。
 
幼稚園や保育園、小学校など集団生活を送る場でプール熱にかかった場合は、症状が落ち着いてから2日以上経過してからの登園になります。登園・登校時に、治癒証明書等の提出が必要になる場合が多いので、保育園や学校等に確認の上、かかりつけ医に相談しましょう。
 
ブログ写真②

 

夏にかかりやすい病気として、手足口病、ヘルパンギーナ、溶連菌などもあります。まずは病気にならない予防を行い、楽しい夏休みを過ごしましょう。

 

参考
東京都こども医療ガイド
http://www.guide.metro.tokyo.jp/sick/pool/index.html

雨のお天気が続く時は、「子育てひろば」で過ごそう

例年と比べて雨が多い今年の夏。雨の日が続いて、家で過ごす時間が多くなると、元気いっぱいのお子さんには、体力が余ってしまうこともあると思います。

 

そんな時は、近所の「子育てひろば」に足を運んでみましょう。

「子育てひろば」は、主に、0~3歳を中心とした乳幼児とその保護者が、一緒に遊んで過ごせる場所です。
B

 

室内には小さいお子さんが遊べる遊具や、絵本がたくさんあります。小さいお子さんが安全に遊べる環境も整っており、ご近所の同年代のお子さんも多く集まります。お子さんやお母さん同士の出会いの場にもなっています。

 

そして、地域の子育て情報や子育てグループの情報なども掲示などしています。また、「離乳食」や「ふれあいあそび」などの子育てに関する講座を行っているところもあります。

 

お子さんの成長や気になることなど、子育ての相談もひろばの職員にできますので、気軽にお話しください。
A

お近くの「子育てひろば」を知りたい時は、お住まいの区や市のホームページや、東京都福祉保健局のホームページ内子育てひろばのページから施設一覧をご覧ください。

 

東京都福祉保健局

子育てひろば(地域子育て支援拠点)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/ouen_navi/hiroba.html

鶏などの生肉から感染する「カンピロバクター」による食中毒に注意しよう

 

暑いこの時期、小さなお子さんに、気を付けて欲しい食中毒があります。

それは「カンピロバクター食中毒」です。

カンピロバクターとは、鶏や牛などの腸管にいる細菌で、 少量の菌でも食中毒を発生します。

特に子供は、大人よりも食中毒にかかりやすく、重症になりやすいことが多いです。

また、平成27年度は318件のカンピロバクターによる食中毒が報告されています。※1

カンピロバクターによる食中毒は、カンピロバクター菌を持つ食材を食べてから1~7日に発症し、下痢、腹痛、発熱、嘔吐などの症状が出ます。

発症から約1週間ほどで治癒しますが、抵抗力の弱い乳幼児には注意が必要です。

小さいお子さんへの感染予防策として、カンピロバクターは、熱に弱いため、十分な加熱をして食べること(鶏わさや鶏肉のさしみなどは与えない)、

調理の際はサラダなど生で食べるものとは別に調理する、鶏肉などの生の食材を調理した包丁やまな板、器などは熱湯で消毒することが大切です。

2017-1

また、お子さんと一緒に生の鶏肉の調理をした際は、お子さんの手を必ず液体石鹸で2度洗いをしましょう。子どもが一人でうまく手を洗えない時は、大人が一緒に手を洗うなどしてください。

空揚げや焼き鳥などお子さんも大好きなメニューになる鶏肉です。

食中毒に注意しながら、上手に付き合っていきましょう。

2017-2

厚生労働省

食中毒 細菌による食中毒 カンピロバクター

消費者向けリーフレット:家庭調理の心得

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000130243.pdf (PDF形式:198KB)

参考

※1 厚生労働省 カンピロバクター食中毒予防について(Q&A)http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126281.html

東京都福祉保健局 食品衛生の窓 カンピロバクター食中毒

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/campylo/child.html

ベビーカー利用に関するキャンペーンを実施します!

駅構内におけるバリアフリー設備の整備などに伴い、ベビーカーで鉄道を利用される方が多いことから、子育て応援とうきょう会議は、鉄道事業者等とともにベビーカーの安全利用に関する呼びかけを行ってきました。

今年も、国土交通省に設置された「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」の構成団体として同協議会が実施するキャンペーンに協力し、ベビーカーの利用について周囲の方のご理解ご協力と、安全なベビーカー利用をベビーカーを使用される方に、お願いしていきます。

 

1 期間

平成29年5月1日(月曜日)~5月31日(水曜日)

 

2 実施内容

ポスターの掲示及びチラシの配布

子育てひろばや、子育て応援とうきょう会議の構成団体等の協力を得て、「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」が作成した、共通のポスターを掲示するとともに、ベビーカー利用者にチラシを配布します。

ベビーカーキャンペーン

B1.indd

【キャンペーンポスター】

    

A4.indd

【キャンペーンチラシ(表)】

    

チラシ_共通うら.indd

【キャンペーンチラシ(裏)】

      
※「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」について

公共交通機関等におけるベビーカーを利用しやすくする環境づくりに向けて、ベビーカー利用に関する必要な事項の協議を進めるために、国土交通省は、平成25年6月に学識経験者、子育て等関連団体、交通事業者、商業施設団体、行政機関等の実務者で構成される協議会を設置して検討を進め、平成26年3月26日に検討結果をとりまとめ、「ベビーカー利用にあたってのお願い」及び「ベビーカーマーク」を公表した。

国土交通省HP:https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo09_hh_000083.html