8月 急な大雨対策 気象庁ナウキャストを活用してみましょう

8月は積乱雲が発達しやすく、急な天気の変化が多い時期です。お子さんを連れたお出かけ先で、急に大雨が降ってきたら大変ですね。大雨だけではなく、雷、竜巻などの危険も考えて気象情報をチェックすると安心です。気象庁のナウキャストは、5分単位で雨域の情報をチェックすることができます。上手に活用して、危険から身を守りましょう。

 

急な大雨対策

 

お出かけ前に天気予報を確認しましょう

 
各地の気象台では、毎日5時、11時、17時に天気予報を発表しています。雷の危険がある場合は、雷注意報を随時発表していますので、外出するときは事前に天気予報をチェックしましょう。天気予報で「大気の状態が不安定」「天気が急に変わる」「雷雨」「竜巻などの激しい突風」などの言葉が使われていたら、その日の外出は注意が必要です。

 

外出先ではナウキャストが便利です

 
気象庁では、各地の降水、雷、竜巻の状況を1時間先まで予測した分布図「ナウキャスト」を発表しています。今いる場所付近の情報をクローズアップして見ることができ、更新は5分または10分毎と細かく、ほぼリアルタイムで確認できます。

 

スマートフォンで、以下のURLから実際に使ってみましょう。(パソコンからも利用できます)

高解像度降水ナウキャスト:

https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

 

右上の「?」マークをクリックすると、利用方法がわかりやすく説明されています。

(パソコンの場合は「使い方」をクリックすると見ることができます)

 

高解像度降水ナウキャスト

 

今いる地域が、黄色のメッシュ部分に入っていたら、強い雨域が迫っていますので、急な大雨に注意します。更に、近づいてくる雨域に、赤い斜線や、赤いメッシュがあるときには、雷や竜巻などの強い風の危険があります。分布を動画再生することもでき、雨域が移動する方向も予測できる便利なツールです。

 

それでも急な大雨に巻き込まれたら

 
このようにナウキャストを使えば、事前に危険を察知しやすいですが、予想以上に天気の変化が早いときもあります。気づいたら黒い雲が近づいていた、そんなときは迷わず、すぐに避難をしましょう。雷の音が聞こえてきたら、そこはすでに危険な場所。しっかりとした建物の中に避難をしてください。「自分も危険な目に合うかもしれない」と少し気にかけることが、最大の事故防止になります。急な大雨に備えて、楽しいお出かけにしましょう!

 

参考URL:

急な大雨や雷・竜巻から身を守るために ~気象情報をこまめに確認する~(気象庁)

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tenki_chuui/tenki_chuui_p6.html

 

*写真は写真ACより

https://www.photo-ac.com/