10月 風疹ってどんな病気? 正しい知識できちんと防ごう!

今年は例年に比べて、風疹にかかる人が増えています。子育て世代の私たちは普段どのようなことに気をつけて生活すればよいのでしょうか。風疹の感染経路や、予防法など、日ごろ疑問に思っていることをすっきり解決しましょう!
 

風疹ってどんな病気?どうやってうつるの?

 
風疹とは、発熱や発疹、リンパ節の腫れなどを主な症状とするウイルス性発疹症です。潜伏期間は2~3週間ですが、人によっては感染しても症状がでない場合もあります。気づかないうちに他の人にうつしてしまうことがあるので注意が必要です。
また、風疹のウイルスは感染力が強く、咳やくしゃみ、会話中の飛沫などによって感染します。発生は子どもに多くみられますが、近年では成人男性にも増えているようです。
 

麻疹

 

妊婦中の女性は、とくに注意!

 
妊娠20週ごろまでの女性が風疹ウイルスに感染すると、お腹の赤ちゃんが「先天性風疹症候群」をもって産まれてくる可能性があります。妊娠初期に感染するほど、その可能性は高くなるのでさらに注意が必要です。
 
<先天性風疹症候群とは?>
難聴・白内障・先天性心疾患を特徴とする症状のこと。先天性風疹症候群をもつすべての赤ちゃんに障がいがあるとは限りませんが、障がいに気づくまでに時間がかかる場合もあります。
 
麻疹
 

風疹の予防法を教えて!

 
風疹を予防するために最も有効な方法は、ワクチンを接種することです。
 
過去に風疹にかかったことがあり検査で感染が確認されている場合は、免疫を持っているため予防接種は必要ありません。かかったかどうか不明な場合は、免疫の有無を抗体検査で調べることができます。抗体検査が可能な医療機関は各自治体の保健所に問い合わせてみてください。
 
<妊娠中の女性>
妊娠中は風疹の予防接種を受けることができません。家族や周りの人が予防接種で免疫をつけ、妊婦を風疹の感染から守るようにしましょう。
 
<これから妊娠する予定のある女性>
感染予防に必要な免疫を妊娠前から獲得しておくことが大切です。また、ワクチンを接種した後2ヶ月は妊娠を避けることが必要となっています。
 
大人が感染すると子どもに比べて重症化しやすい傾向にあります。大人や子ども、男性女性問わず、ワクチンの接種を検討し、風疹の感染を防ぎましょう!
 

参考URL:

厚生労働省 風疹についてページ

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/

 

NID国立感染症研究所

http://www.niid.go.jp/niid/ja/rubellaqa.html

 

*写真は写真ACより

https://www.photo-ac.com/