1月 朝ごはんをしっかり食べよう!

出かける準備などで忙しい朝、きちんとご飯を食べさせていますか?「作ったり食べさせたりするのが大変」とお悩みの方もいるでしょう。朝ごはんはお腹を満たすだけではありません。子どもの身体を正常に動かす大切な役割があるのです。
 

どうして朝ごはんを食べるの?

 
夜に食べたものは寝ている間の新陳代謝などに使われるため、朝起きたときにはエネルギー不足の状態。朝ごはんにはエネルギーを補給して、頭と身体を目覚めさせる役割があります。
 

<頭が目覚める!>

脳を活動させるためにはブドウ糖という栄養素が必要です。ブドウ糖は炭水化物などに含まれるので、朝ごはんには、ご飯やパンなどの炭水化物を取り入れて、脳へのエネルギーを補給しましょう。
 

<身体が目覚める!>

朝ごはんを食べると消化器官が刺激され身体が目覚めます。毎朝決まった時間に食べることで排便のリズムが整い、体内時計を調整するのにも役に立ちます。

このように朝ごはんは頭と身体の両方をしっかり活動させるために必要なものなのです。
 
朝ごはんをしっかり食べよう
 

朝ごはんを食べないと身体に悪い影響が?

 
朝ごはんを食べないと、身体を動かすためのエネルギーが不足したまま出かけることになります。そのため、イライラする、集中力がかける、記憶力が低下するなどの症状があらわれることも。また、お昼ごはんにお腹が空き過ぎて必要以上に食べてしまい、肥満などの小児成人病の原因となることもあるので注意が必要です。
 
簡単にできる朝ごはんの工夫
 

何を食べる?簡単にできる朝ごはんの工夫

 
朝ごはんに必ず取り入れたいのはブドウ糖が含まれる炭水化物。パンや麺類も炭水化物ですが、中でもご飯がおすすめです。ご飯は粒状なのでゆっくりと消化吸収され、なだらかに血糖値を上げて長時間維持します。腹持ちが良いといわれるのもこのためです。
 
また脳を働かせる栄養素は、コリンと必須アミノ酸のリジン。コリンは卵に多く含まれているので卵焼きや卵かけご飯など卵を使用したメニューがおすすめです。集中力を高める働きがあるというリジンは、おかかや、しらす干しなどに含まれています。
 
忙しい朝、毎日ご飯を作るのは大変です。難しく考えず、おにぎり+αを基本に作ってみてはいかがでしょうか。毎日決まった時間に朝ごはんを食べる習慣をつけて、寒い時期も元気に乗り切りましょう!
 
参考URL:
農林水産省 朝ごはんを食べないと?
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kakou/mezamasi/about/about.html
 
農林水産省 朝は時間がないけれど
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kakou/mezamasi/about/mystyle.html
 
*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/