8月 ファミリー・サポート・センターを利用してみよう!

「ファミリー・サポート・センター」を知っていますか? 聞いたことはあるけど、どんなところなのか、どのように申し込んだらよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。詳しい仕組みを知って、実際に利用してみましょう!

ファミリー・サポート・センターとは?

ファミリー・サポート・センターとは、子供を預かってもらいたい「依頼会員」と子供を預かる「提供会員」が互いにサービスを受け合う組織です。

育児の援助を受けたい人はまず会員登録し、提供会員を紹介してもらうよう申し込みます。一方、援助を行いたい人は会員登録と講習会を受講します。その後、センターのアドバイザーにより条件に合った会員同士が紹介されます。

ファミリー・サポート・センター

どんな人がいくらで預かってくれるの?

安全や事故対策の講習を受けた提供会員が子供を預かります。活動の前には顔合わせがあるので、会員同士顔を確認することができます。このとき、子供の好きなことや気をつけて欲しいことを伝え、お互いの不安を取り除きましょう。

料金(活動報酬)は市区町村によって異なります。また、時間帯や内容によっても異なるので、お住まいの担当者に尋ねてみてください。

ファミリー・サポート・センター

買い物のときにも預かってもらえる?

ファミリー・サポート・センターの制度は、子供を預かることや、保育園や幼稚園への送迎などの日常的な手伝いのほかに、保護者のリフレッシュや、買い物などの外出のためにも利用できます。

また、一部の地域では病児・病後児の預かりや早朝・夜間などの預かりを行っています。実施の有無は、お住まいの市区町村のファミリー・サポート・センターに問い合わせてみてください。

誰かの手を借りたいときや疲れたときは、一人でがんばらず、このようなサービスを利用してみてくださいね。

参考URL;

厚生労働省HP ファミリー・サポート・センターのご案内
https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/24.html

*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/