とうきょう子育てスイッチ 体験レポート

子育て当事者に、より使いやすく!より役立つ情報を!

子育て支援団体・施設へ体験に行き、リアルな情報を発信します。


「子育てカフェモグモグ」に遊びに行ってきました!

代表の粟澤さん

「子育てカフェモグモグ」
アフリカには、「子どもを育てるには村ひとつ必要」ということわざがあるそうですが、日本の親たちは「自分ひとりで子育てをしなければ」と頑張りすぎているような気がします。モグモグでは、ランチ時に母親がゆっくり食事できるように配慮し、母親同士が話しやすい雰囲気をつくっていますので、ぜひ遊びにいらしてください。子育てはひとりではできません。一緒に子育てしていましょう。

寒さも深まる1月中旬。娘と一緒に「子育てカフェモグモグ」へ。
こちらは入り口。可愛い看板が目印です。百草園駅より徒歩5分なので、行くのも便利。正面にはコンビニもあるのでわかりやすいです。

子育てカフェモグモグ


今日はどんな楽しいことがあるのかな?と娘も楽しみにしている様子。室内を覗いています(笑)

子育てカフェモグモグ


親子で過ごせる子育て広場&カフェ

子育てカフェモグモグは、ランチやお茶もできる珍しい子育て広場。平日と第3土曜日の10:00〜16:00までオープンしていて、11:30-13:00がランチタイムになります。この日はランチタイムより少し前に遊びに行ってみました。

部屋に入るとすでに数組の親子が遊んでいました。毎日10組ぐらいの親子が来るそうですよ。仲良しのママ友ができたら嬉しいな!

子育てカフェモグモグの様子


ランチタイムの前には、子供たちが大好きな絵本の読み聞かせがありました。みんなちゃんと聞いていましたよ。娘も楽しそうでした。

毎日11:20〜やっているそうです。ランチに行くならこの時間に行くのがおすすめ!

読み聞かせの様子


本日のお楽しみ、ランチタイム♪日替わりの大人メニュー、子供メニューが書かれていました。今日のメニューは何でしょう?

メニューの上には、食育メモが。ふむふむ・・・じっくり読んでしまいました。家で食事を作る時の参考になります。

ランチメニュー


まずは大人メニューからご紹介します。メインのサーモン、サラダ、キャベツのスープ、コンソメピラフ、そしてデザートは寒天。栄養のバランスが考えられ、やさしい味付け。とっても美味しくてボリュームも大満足でした!大人のランチは550円です。

大人メニュー


そして子供メニュー。基本は大人メニューと同じですが、塩分を控えめに食べやすい大きさになっています。子供のランチは150円。娘は「おいしい!おいしい!」と、ペロリとたいらげていました(笑)こんなに栄養満点でこの価格なら、毎日食べに来たいぐらい!

子供メニュー


モグモグではカフェでお茶やランチを提供しているものの、ランチは食べなくてもいいし、持ち込んでも大丈夫です。「今日はちょっとお昼作るのめんどくさいな」と思ったらランチすればいいし、遊ぶだけの日があってもいい。そんなフレキシブルさが地域のママに人気なのかもしれません。
子供がいっぱい食べてくれるので、このランチが目的で毎日のように通っているという親子もいました。ランチは限定で、大人メニューが12食・子どもメニューが9食です。

子供たちも楽しい、ママも助かる子育て広場

子育て広場内の設備は、家にいる時のようにラクに過ごせるように整えられていました。

オムツが取れていない赤ちゃんやトイレトレーニング中の子供がいるママにとって、出かける時に大変なのがトイレの設備です。モグモグのトイレは、オムツ台や子供用便座が用意してあるので助かりました。

オムツ台や子供用便座が用意してあるトイレ


ランチタイムに用意されるテーブルと椅子。子供用のハイチェアもあるので家での食事と同じように食べさせてあげられます。

ランチタイムに用意されるテーブルと椅子


洗面にはアルコールや除菌ソープが置いてあり、風邪が流行るこの季節も安心して食事ができます。ちゃんと子供用のステップも置いてありました。

除菌ソープなどもあり安心して使える洗面所


子育て関連の情報も豊富。遊びに来たついでに情報収集もできますよ!

子育て関連の情報も豊富


入ってすぐのカウンターにはオムツ袋が用意されていました。ちょっとした心づかいが嬉しいですね。

カウンターにはオムツ袋が用意されています


室内にはたくさんの絵本がありました。家では家事に追われて絵本を読む時間がなかなか取れないので、遊びに来た時にたっぷり読んであげたいです。

室内にはたくさんの絵本


頑張りすぎているママに利用してほしい子育て広場

体験を終えて感じたこと。

スタッフの皆さんが笑顔で話しかけてくれたのが嬉しかったです。「少しでも休んでね」と、子供を抱っこしていてくれました。
楽しみにしていたランチは栄養を考えたやさしい味のメニューで、まるで料理上手なお母さんが作ってくれたような心温まる美味しい家庭料理でした。
施設は食事を取る場所でもあるため、細かい気づかいのされた清潔感あふれる明るい空間になっています。家にいるように心地よく、でも家で子供と2人きりでいるよりはずっと楽しく過ごすことができました。
ここに来て、「誰かに頼っていいんだ」「子育てが辛いって声に出してもいいんだ」と思えるようになるママはたくさんいると思います。子供と2人で過ごすことが多いなら、ぜひ足を運んでみてください。きっと気持ちがラクになりますよ。

室内にはたくさんの絵本
室内の壁に貼ってある、「がんばっているママたちへ」と書かれたメッセージ。
このメッセージを読んで、心が軽くなりました。ママ業、頑張りすぎていませんか?


「子育てカフェモグモグ」

ひの社会教育センターは、幼児から高齢者まで多くの世代が参加する生きがいづくりの拠点として、文化、スポーツ、福祉、国際交流の活動を行っています。
2007年4月、日野市“ひのっこすくすくプラン”の施策のひとつとしてモグモグは開設され、運営を受託しました。ランチを提供することで、気軽に寄れる良さを活かして子育てひろば運営をしています。在宅育児の閉塞感や、理想に近づくために頑張りすぎている母親たちを目の当りにし、「居心地のいい場」とは何かを模索中。「子育て支援はまちづくり」を合言葉に、施設の中だけではなく地域にも出向いています。


電話番号:042-593-1415

メールアドレス:mogmog@bb.wakwak.com

HP:http://park19.wakwak.com/~mogmog/index.html

FB:https://www.facebook.com/%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%A2%E3%82%B0-1588327238086750/