とうきょう子育てスイッチ 体験レポート

子育て当事者に、より使いやすく!より役立つ情報を!

子育て支援団体・施設へ体験に行き、リアルな情報を発信します。


渋谷区こども・親子支援センター「かぞくのアトリエ」に遊びに行ってきました!

「かぞくのアトリエ」は都心とは思えない静かな住宅街にあります。
JR代々木駅から徒歩約7分、小田急線 南新宿駅から徒歩約2分。
どちらの駅もエレベーターがあり、坂道もないのでベビーカーでも安心です。

広々とした白い建物と緑の生い茂った庭が見えます。
ここが「かぞくのアトリエ」。

かぞくのアトリエ


建物に入ると正面に受付があり、ここで記名を済ませて入館します。入館料は無料。
渋谷区在住者のための施設ですが、利用者が少ない日は区外の親子も利用できるとのこと。

ベビーカーは受付隣りの広場に畳んでおきます。

かぞくのアトリエ受付


地下1F~2Fまで階段のみの移動となるので、まだ歩けない赤ちゃんは抱っこ紐も持参すると良いです。
歩きたい盛りの2歳の息子は、大はりきりで階段を登り降り。

階段を登り降り


年齢や遊びたいことによって遊ぶ部屋を移動できる

「かぞくのアトリエ」は地下1F〜2Fまで、子供の年齢や遊びに応じて遊べるスペースが複数あります。それぞれ、遊びの様子などを紹介します♪

【地下1F プレイルーム】
体育館タイプのこの部屋は、身体を動かして遊びたい時にぴったり。
天井が高く広々として、とても開放感がありました。

地下1F プレイルーム


波をうったような形や月型など、様々な姿を想像させるクッション。
息子はクッション同士を組み合わせてすべり台をつくり、何度も滑って遊んでいました。

波をうったような形や月型など、様々な姿を想像させるクッション


ボールを必死でバスケットゴールに入れようとする姿も。
いろんな遊び方ができる道具は、子供の想像性をぐんぐん引き出して、見ている親まで楽しくなります。
特に活発になってきたお子さんにはうってつけの場所ですよ!

バスケットゴール


夢中になって遊んでいると、いつのまにか子供たちが集まってきました。
息子にとっては違う年齢の子供と触れ合う良い機会に。
親同士も自然と交流ができ、私もリフレッシュできました。

違う年齢の子供と触れ合う良い機会


他にも、普通の児童館では見かけないような遊び道具が沢山ありました。
地域の人からの寄付も多いそうです。
こちらはマグネット付きの大きな黒板。

マグネット付きの大きな黒板


こちらはショベルカー。
乗り物が好きな子は、テンションが上がりそうですね!

ショベルカー


ピアノやギター、ドラムセットまで自由に使えます。

ピアノやギター、ドラムセット


子供が大好きなボールプール!
小さな赤ちゃんもゴロンと気持ちよさそうに寝ていました。
これが無料で入れる施設にあるのは嬉しいですね。

子供が大好きなボールプール


プレイルームは未就学児と小学生で利用時間が分かれているので、思い切り遊ばせることができます。
未就学児は火~木曜日9:30~14:00、金・土曜日は終日利用できます。
朝は人が少なめなので、ゆったり遊ばせたい人におすすめです。

小学生は火〜木曜日14:30〜17:30。小学生タイムは遊び道具が変わり、卓球やバドミントンなどで遊べます。

また土曜日はお父さんの姿も多く見られるそうです。
公園遊びが暑くなってくるこれからの季節に活用したいですね!

【1F おやこサロン】
親同士・子供同士の交流の場として使えるおやこサロンが1F奥にあります。
飲食持込可能なので、遊びの合間にランチができます。
畳スペースもあり、赤ちゃんがいる親子も安心して利用できます。

おやこサロン


おやこサロンには、冷たい麦茶、温かい紅茶、お水とミルク用のお湯が用意されています。荷物の多い子連れには本当にありがたいことです。
午前中遊んでからお昼ご飯をとる親子などで、昼時はかなり賑わうそうです。

親子サロンでは飲み物が自由に飲めます


【あけびの庭】
息子が思わず「トトロだ~!」と叫ぶほど雰囲気のある都会の小さなオアシス。
藍染講座のために藍を育てたり、キウイフルーツを収穫してジュースをふるまったりすることもあるそうです。
天気のいい日には庭に出て、四季折々の美しさを感じてみてください。

あけびの庭


【2F おやこきょうしつ】
ここでは土曜日などに親子向けのアートスクールが開かれます。(事前予約制)
その他の時間はプレイスペースとして開放されていて、この日も自由に遊ぶことができました。

体を沢山動かせるプレイルームと比べて、こちらは積み木に集中したり、
おままごとをしたりと穏やかに遊べる部屋です。
床がカーペットなので小さなお子さんにも安心です。

2Fおやこきょうしつ


センスの良い木のおもちゃや、絵本などがありました。
息子は集中して積み木で遊んでいます。何を作っているのかな?

木のおもちゃや、絵本


【2F アトリエ】
ものづくり講座で利用する部屋ですが、講座以外の時間は授乳室として開放されています。
とても広々として明るい空間にソファがあり、他の部屋より少し涼しくなっていました。
子供と密着する授乳って汗だくになるので、とてもありがたいですよね。
オムツ替えスペースも数台あります。

2F アトリエ


親子が何度も行きたくなる工夫がいっぱい!

ちょっとした工夫がたくさんある「かぞくのアトリエ」。
嬉しい“おもてなし”を紹介します。

【フォトブース】
写真好きのお母さんでなくても思わず我が子を撮りたくなってしまいます。

フォトブース


1F受付前と、2Fアトリエ(授乳室)にバースデー仕様のフォトプロップスが置いてありました。
可愛い写真を撮ってくださいね♪

バースデー仕様のフォトプロップス


【アート作品と小物】
様々な分野のクリエイターの作品が飾られていて、アートが身近に感じられます。

アート作品と小物


そして施設内で使われている小物も、思わず大人がテンション上がるかわいさ!
大人目線で気分の上がるグッズは素敵だなと思いました。

フクロウのトイレ用スリッパ

フクロウのトイレ用スリッパ


ネコの刺繍が入ったオムツ替えシート

ネコの刺繍が入ったオムツ替えシート


どれもシンプルでセンスの良いものばかり。キャラクターものはあえて置いていないそうです。
デザインが美しい小物に囲まれると、子供にも良い刺激になりそうですね。

おしゃれな施設で、アートを体感しながら子供を遊ばせられる

【体験した感想】
目にも美しいおもちゃが並び、カフェのようにくつろげるお洒落な空間。
「かぞくのアトリエ」は、親子向けの無料施設の中では数少ない、大人目線でも楽しめる施設でした。

私自身、息子が乳児期の頃は児童館に連れ出す気になれず、かと言ってカフェに行ってもリラックスできず、悶々と自宅で過ごしたものです。
でも実は、ねんね期こそお母さん同士が仲良くなりやすく、その後も子育ての相談をし合える貴重な存在になるもの。
だからこそ大人が進んで行きたくなるような、親子の集いの場があるとありがたいですね。

また子供の創造性を引き出すアートな遊び道具は、大人も一緒に楽しめます。
おでかけ場所に悩む赤ちゃんがいる親子や、育休中の人にもおすすめですよ。

2歳の息子は地下から2Fまでの広い館内を、まるで探検でもするかのように楽しんでまわりました。
開放感いっぱいのプレイルームでは、様々な形のソフトトイやボールプールなどに夢中になり、帰りたがらなくて困ったほど。
また連れていってあげたいです。

2Fまでの広い館内


こちらは私たち親子を優しい笑顔で迎えてくれた館長の大宮さん。
保育のプロでも先生でもない、ただお母さんに一番近い存在として、子育ての話を聞いているそうです。
とても親しみやすく、息子もすぐになついていました。

親子を優しい笑顔


「かぞくのアトリエ」では、様々な講座を開催しています。
年に一度1500人規模が集まる大きなイベントもあり、アーティストを講師に呼んでワークショップなどが開かれるそうですよ。今年も10月に開催するそうなので、興味のある人はぜひHPをチェックしてみてくださいね。

「かぞくのアトリエ」(運営:株式会社 マザーディクショナリー)

民間ならではの視点とネットワークを駆使して、貴重な子育て期を楽しんで心豊かに過ごせるよう、そして都会においての子育ての応援が出来るよう、居心地のいい居場所づくりを行っています。



「かぞくのアトリエ」

HP: https://kazoku-no-atelier.com/

住所: 東京都渋谷区代々木2-32-5