とうきょう子育てスイッチ 体験レポート

子育て当事者に、より使いやすく!より役立つ情報を!

子育て支援団体・施設へ体験に行き、リアルな情報を発信します。


板橋区立教育科学館で科学の不思議を体験!

「板橋区立教育科学館」は、東武東上線上板橋駅北口徒歩5分の場所にあります。
昨年30周年を迎え、板橋区のみなさんに愛され、地域の子供たちの学習環境に貢献している施設です。
子供の興味を引き出す「科学」の展示がたくさんありましたよ。
一つ一つご紹介します!

板橋区立教育科学館


地下1階の科学展示室で、いろいろな科学を楽しもう

地下1階の科学展示室には科学を体験できる展示がたくさんあります。
どの展示もおもしろく、大人も子供と一緒に楽しめます。

マッハをみよう!

太鼓を叩くと、音がホースの中を伝わって次々とライトが点灯します。
まさに、音速(マッハ)を目で見て体感できる仕掛けです。

音速(マッハ)を目で見て体感できる仕掛け


輪ゴムのアート

輪ゴムのアートはシンプルでとっても綺麗。
息子は黙々とカラーゴムを引っかけるのに夢中です。
どんな作品ができるかな??

輪ゴムのアート


ドライブシミュレーター

実物大の車で、運転体験ができます。
免許は必要ないので、子供も体験できますよ!
でも5歳児には運転はちょっと難しかったようです。

ドライブシミュレーター


この展示は男の子にも女の子にも大人気。並んで順番を待ちましょうね。

空気のふんすい

空気でビニールボールを運んで向かいのかごにシュートします。
思うように飛ばず、真剣に挑戦している息子。
空気っておもしろいね!

空気のふんすい


パイプフォン

水道管(!?)で作られたパイプオルガン。
カラフルなパイプフォンをスリッパ(!!?)で叩くと音が鳴ります。
きれいな音を鳴らすのは結構難しい。
考えてみると、私たちの生活の中にも音を生み出すものがたくさんありますよね。
いろいろなものを楽器にして子供と遊んでみようかな。

パイプフォン


すべすべネット

両手でネットをはさんで動かすと、一瞬で手の平がすべすべになったように感じます。
思わず何度も確かめてしまいました。
シンプルな作りなので油断していた展示ですが、とても不思議でした。
息子もおもしろがって何度もやっていましたよ。

すべすべネット


ボディアドベンチャー

人間の巨大な内臓模型。ボタンを押すと点灯します。
内臓・筋肉の動きを学べるのですが、息子は電気の点灯を楽しんでいるよう(笑)

ボディアドベンチャー


ふしぎな部屋

部屋全体が傾いているため、平衡感覚を失ってしまう部屋。
私は入室してすぐ立っていられないほど目が回りました。
でも子供たちは元気いっぱいで部屋の中で遊んでいました。
なぜでしょうか??

ふしぎな部屋


人力飛行機

自転車に乗ってペダルをこぐと、飛行機が飛び立ちます。
空からは、板橋区の街並みが見えますよ。
「飛んだ!」と言いながら、頑張ってこいでいました。

人力飛行機


いろいろ学べるその他の展示

1Fや2Fにも科学が楽しめる展示があります。
子供の年齢や興味に合わせて、体験させてあげてくださいね。

恐竜の化石(1F)

巨大なトリケラトプスの頭骨やエドモントサウルスの脚の骨の化石は、すべて本物!
これらの恐竜の化石は、1990年に行われた恐竜博で展示された化石だそうです。
恐竜好きのお子さんに、ぜひ見せてあげてください。

恐竜の化石


足ぶみで電車をはしらせよう(1F)

足踏みで発電すると、Nゲージ(鉄道模型)が走り出し、ライトが点灯します。
ミニチュアの街がとてもリアル。息子は大興奮してました!

足ぶみで電車をはしらせよう


プラネタリウム(1F)

プラネタリウムは、親子連れでにぎわっていました。
とても本格的な設備です。

プラネタリウム


幼児がいる親子には、土日の10:30からの「ほしぞらであそぼ」(無料)がおすすめ。
子供にもわかりやすく説明してくれます。
プラネタリウムのプログラムは平日と休日で異なるので、事前にホームページでチェックすることをおすすめします。
2019年の夏にはクレヨンしんちゃんのプログラムもあるそうですよ。
板橋区の区立小学校ではここのプラネタリウムで星の勉強をするなど、積極的に授業に取り入れて利用されているそうです。

パソコン教室(ロボットプログラミング)(2F)

パソコン教室では本格的なプログラミングが楽しく学べます。
これは、レゴのマインドストームEV3をプログラミングして、センサーで壁を感知し、ゴールまで動かすところです。

パソコン教室


パソコンでゲームを作るワークショップなどもあるそうです。
プログラミング教室の対象は小学4年生から中学3年生まで。
各回800円で、事前に申し込みが必要です。
プログラミングに興味があるお子さんにいかがですか?

2階にはパソコン教室のほか、実験室、創作室があり、昆虫の標本が展示されています。
飼育もしていて、ビルマホシガメの「とらさん」と、ニシアフリカトカゲモドキの「シーランさん」もいました。

図書コーナー(地下1階)

館内には、図書コーナーもありました。
科学のことでわからないことがあったら、親子で調べてくださいね!

図書コーナー


イベントやワークショップ、設備など

「板橋区立教育科学館」は、毎年夏にイベントが行われます。
今年は7/20~9/1までが夏イベントの期間で今年のテーマは「ロボットと機械」。
「スケルトニクス」という手足に装着するロボットの体験を無料でできるそうです。

またゴールデンウィークや冬休み、春休み、三連休など、連休の時期に開催されるワークショップもあります。
実験工作をする「サイエンスフェスタ」(400円~1000円)や、いろいろなテーマのワークショプに100円で参加できる「100円ワークショップ」。
このほか、サイエンスショーやヒーリングプラネタリウム、星を見る会なども。
興味がある人は、ホームページでチェックして参加してください。

地下一階の休憩コーナーは食事の持ち込みができるので、ちょっと休憩したいときに利用できます。

地下一階の休憩コーナー


おむつの交換台は1階の女性トイレと、だれでもトイレに設置してあります。
館内はベビーカーで移動できるので、小さなお子さんがいても安心して利用できますよ。

子供は楽しく遊んでいるけれど、そこには学びもたくさん

息子は体験展示がとても楽しいようで、次々に体験して回っていました。
13:00から行って、閉館時間まで遊んでも、飽きずにまだ遊びたいほど楽しんでいました。スタッフの方々も優しく、熱心に説明をしてくださいました。

最初は子供のためにと思って来ましたが、私自身もとても興味深く体験することができました。図書コーナーや月着陸50周年の展示(期間展示)など、知的好奇心を刺激してくれるコーナーがたくさんあるので、大人も子供と一緒に十分楽しめます。親子で一緒に体験し、学べたことが何より嬉しかったです。
また科学館というと固いイメージがありますが、館内には手作りの展示などがあり、親近感が持てました。

これだけの展示を無料で体験できるのは、本当にありがたいです。
閉館時間までたくさんの家族連れが楽しんでいましたよ。
子供がいろんなことに興味を持ち始めたら、ぜひ遊びに行ってみてくださいね!

「板橋区立教育科学館」(指定管理者:株式会社学研プラス)

当館には、季節の星空の解説や番組を楽しめるプラネタリウムや、科学の不思議と面白さを体験できるたくさんの展示があります。いろいろなテーマの科学教室やワークショップも、土日祝日などに行っています。 詳しくは当館のホームページをご覧ください。


館長の阿部さんより
小さいお子さんも楽しめる展示や、幼児向けのプラネタリウム番組もご用意しています。気軽に遊びに来てください!

板橋区立教育科学館



「板橋区立教育科学館」

HP: http://www.itbs-sem.jp/index.html

住所:東京都板橋区常盤台4-14-1