東京の子育てを
もっと素晴らしく!

~協働交流・促進プロジェクト~

みんなが力を合わせればTokyoの子育ては
もっと良くなる。
子育て応援とうきょう会議では
企業、団体同士が助け合う
「協働」の実現を応援しています。

一覧を見る

投稿する

協働ニュース

企業団体様向けにイベントや各種情報をお知らせします。

企業・団体の活動をインタビューしました

東京で先駆的な取組を行う企業や団体に
活動内容のインタビューを実施。
注目の取り組みを取り上げ、ご紹介しています。

地域と協働で子供の学びをサポートする体験型複合施設

ギャラクシティこども未来創造館(足立区)

子供は学校や習い事で多くのことを学びますが、それを実践する機会がなかなかありません。学んだことを早く活かすことができたら、それは子供にとって大きな喜びになり、学びのモチベーションにもつながるでしょう。足立区にある「ギャラクシティこども未来創造館」では、社会体験やワークショップなど多岐にわたる体験型学習を提供していますが、それを可能にしているのが地域との連携活動です。今回はその活動について、こども未来創造館の運営をしているギャラクシティ指定管理者みらい創造堂の村田館長にお話を伺ってきました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

選択してください

ママ達の力は無限大。北区でママ達の居場所、活躍の場を開く

「子育てママ応援塾」ほっこり~の(北区)

フリースクールでのフルタイム勤務時に育休取得をし、退社後専業主婦、そしてパート勤務と様々な働き方を経験。ママ達の居場所が必要と、ママが自分の時間を楽しめる「子育てママ応援塾 ほっこり~の」を設立。今、たくさんのママ達の「やりたい」が叶う場となっている。「子育てママ応援塾 ほっこり~の」代表の内海千津子さんにお話を伺いました。

詳しくはこちら

その他

子供が自分を表現できる環境を作る

一般社団法人 武蔵てらこや(豊島区)

「子供たちが人と関われる環境は、昔に比べ狭くなっていると思います。だから自分たちが地域のお兄さん・お姉さんの代わりになりたいと思っています」と一般社団法人武蔵てらこやの中村淳吾さんは語ります。実は武蔵てらこやは学生が主体となって運営している団体ですが、その活動は子供たちが喜ぶ楽しくてダイナミックな企画ばかり。学生だからこそできるその活動内容とは?そして武蔵てらこやの使命とは?今回は学生代表の中村さんにお話を伺ってきました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

社団・財団法人

子育て中のママにもう一度働く・働き続けるきっかけを

公益財団法人東京しごと財団(千代田区)

「子育て中だからすぐには働けない」「子供の預け先が決まっていない」「ブランクが長く仕事についていけるか不安」など、働きたい気持ちがあっても一歩が踏み出せない女性の再就職に向けてサポートする「女性しごと応援テラス」。今回は女性の再就職支援サービスを提供する「女性しごと応援テラス」について、東京しごと財団の酒井さんと信田さんにお話を伺いました。

詳しくはこちら

「防ぐ」という新しい視点で、子供たちをいじめから守りたい

株式会社マモル(新宿区)

学校での「いじめ」が、近年ますます深刻化しています。特に、SNSなどを使ったいじめは大人の目に触れにくく、重大な事件になってから明らかになることも多くあります。株式会社マモルでは、インターネットのアクセス行動履歴から子供の心の動きを予測し、今まで気付きづらかった「いじめ」の予兆を察知できるシステムの開発や、いじめで悩む子供たちをサポートするサイト作りを行っています。今回は、代表取締役社長・齋藤さんにお話を伺いました。

詳しくはこちら

バスの乗り方を楽しくレクチャー 公共交通を使って子供のコミュニケーション力を育む

企画集団らくもび(品川区)

公共交通のひとつであるバスの乗り方や死角体験を、親子や自転車に乗る人に向けてレクチャーを行っている企画集団らくもび。バスにまつわるクイズを解いたり、運転席に乗って実際に死角を体験することで、日常の生活や安全に役立ち、バスで親子のお出かけをするきっかけになったと好評です。今回は、共同代表の髙島さんにお話をお伺いしました。 

詳しくはこちら

子育て応援とうきょう会議では、
多くの企業・団体に会員となって頂いております。
その中から互いに助け合い、協力し合える仲間をぜひ探してみてください。

※協働会員とは、子育てとうきょう会議の
目的に賛同していただける団体が、
とうきょう会議とともに、社会全体で子育てを応援する取り組みを実施するための登録制度です。