イベントレポート

子育て応援とうきょう会議参加イベント「『東京しごとの日』ワークライフバランス普及啓発イベント“あなたから! ワークライフバランス2012”」

2012/08/04 有楽町駅前広場(地上・地下)

2012年8月3日(土曜日)~4日(土曜日)の2日間にわたり、「『東京しごとの日』ワークライフバランス普及啓発イベント」が開催され、子育て応援とうきょう会議は、4日(土曜日)、有楽町駅前広場での「あなたから! ワークライフバランス2012」でワークショップを行いました。

『東京しごとの日』ワークライフバランス普及啓発イベント“あなたから!

「あなたから!ワークライフバランス 2012」は、「仕事効率をUPして、わが家時間を楽しもう。」の合言葉のもと、イベントステージでのキャラクターショーやトークショー、仕事効率アップのための提案ブースや、親子で遊べるブースなどがあり、またスタンプラリーも開催され、親子連れだけでなく若い人から年配の方まで、たくさんの人でにぎわっていました。

みんなで作ろう、元気に遊ぼう!「親子でミニ工作!&みんなでつくる段ボールのおうち!」

羽がパタパタ動く! 音色が変わる!「パタパタバタフライ」と、「とり笛」を作ろう!
『東京しごとの日』ワークライフバランス普及啓発イベント“あなたから!

パタパタと羽が動く「パタパタバタフライ」。ちょうちょの絵に好きな色を塗ったら、切り抜いて磁石をつけて、同じく磁石のついた箱にセット。裏のつまみを動かすと、羽がパタパタと動きます。子どもがちょうちょ塗り担当、パパが仕掛け部分の担当というファミリーが多く見られました。できあがって、ちょうちょが動くと歓声が。これでパパの株も急上昇!

紙を筒状にして作る「とり笛」は、筒に通した割り箸を上下させて音の高低を変えられます。色とりどりの音色が地下広場に響きました。

『東京しごとの日』ワークライフバランス普及啓発イベント“あなたから! 『東京しごとの日』ワークライフバランス普及啓発イベント“あなたから!
つなげたり、積んだり、上に乗ったり、ジャンプしたり元気いっぱい、段ボールで遊ぼう!
『東京しごとの日』ワークライフバランス普及啓発イベント“あなたから!

子どもたちは段ボールが大好き。白い面に絵を描いてみたり、つなげていろんなものを作ったり。段ボールにはマジックテープが貼ってあり、並べても積んでも安定しているので、パパやママも安心です。並べて電車ごっこをしたり、壁や階段を作って上に乗ったりジャンプしたり、いろんな遊び方で、始めてのお友達とも仲良く、楽しそうに遊んでいました。

『東京しごとの日』ワークライフバランス普及啓発イベント“あなたから! 『東京しごとの日』ワークライフバランス普及啓発イベント“あなたから!
すべての子どもが豊かに遊べる東京を!
すべての子どもが豊かに遊べる東京を!

ブースの企画運営は「TOKYO PLAY(http://tokyoplay.jp/)」。「すべての子どもが豊かに遊べる東京」を目指して、2010年にできた団体です。子どもの「遊び」をテーマに、キャンペーンやワークショップ開催、調査研究から政策提言まで、遊びの大切さを考えるためのさまざまな活動を行っています。
「“遊び”は子どもの成長に欠かせないもの、人と人をつなげ、社会を変えていく力もあります。」と代表の嶋村仁志さん。「子どもの遊びが大切にされることは、人が大切にされること、それはよりよい環境づくりにつながります。」
段ボールを積んだりつなげたり、時には蹴ったりつぶしたり……。遊び方を見つけて自由に遊ぶ子どもたち、それを見守る大人たち、みんなとてもいい笑顔でした。

ブースには、子育て応援とうきょう会議PRコーナーも

「親子でミニ工作!&みんなでつくる段ボールのおうち!」ブース前で、子育て応援とうきょう会議の活動内容や都事業の紹介、資料配布などのPRを行いました。

子育て応援とうきょう会議PRコーナー 子育て応援とうきょう会議PRコーナー

参加者の感想

参加者の感想

品川区 星さん パパ、長女(3歳)、次女(5ヶ月)、ママ 「ネットの口コミで見つけて家族できました。段ボールの山を見て、子どもが吸い込まれるようにして遊び始めたんですよ。(ママ)」「週末にはできるだけ家族で出かけるようにしています。今日は、近場でゆっくり遊べてよかったです。(パパ)」

参加者の感想

町田市 清水さん ママ、長女(1年生) 「もう2時間もここで遊んでいます。主人も私も平日は働いているので、時間があるときはとことん付き合ってあげたいと思っています。(ママ)」「今日作ったちょうちょと笛、夏休みの自由研究にするんだ!(女の子)」