イベントレポート

子供未来とうきょうメッセ~つながろう、深めよう、みんなで子育て~

2014/12/23 東京国際フォーラム(地下2階展示ホール1)

平成26年12月23日(火・祝日)10:00~17:00、東京国際フォーラム(地下2階展示ホール1)にて、「子供未来とうきょうメッセ」を開催しました。

会場の様子

今回で5回目の開催となる本イベント。子育て支援に取り組む企業・NPO・自治体などが、日頃の活動について紹介する展示ブースのほか、子育てに役立つ講演が行われたセミナースペース、親子で楽しく遊びやものづくりが楽しめるキッズスペース、ワークショップスペースなど、多彩な出展で盛りだくさんの内容。メインステージでは子育て支援に関する講演や、トークセッションなどが行われ、子供連れのご家族、子育て支援に取り組む人々など、約6,300人が来場し、大盛況の一日となりました。

会場の様子

メインステージ

メインステージでは、みんな大好き「それいけアンパンマンショー」や、大日向雅美先生による基調講演、子育て支援の最前線で活躍する方々によるトークセッション、坂東眞理子先生の特別講座などの多彩なプログラムが行われました。

「それいけ!アンパンマン ショー」

アンパンマン、クリームパンダ、ばいきんまん、ドキンちゃん、コキンちゃんなどが登場するや、子供たちの目がキラキラと輝き、笑顔があふれました。おなじみの音楽に合わせて、ステージ上でアンパンマンたちがダンスを始めると、子供たちは元気に躍り出し、パパやママも一緒に身体をスィングさせて……。たちまち会場全体に熱気が広がりました。アンパンマン ショーは、午前と午後の2回行われました。

それいけ!アンパンマン ショー
基調講演 「大日向先生の『子育てQ&A』~「子ども・子育て支援新制度」スタートに向けて~」

恵泉女学園大学大学院教授であり、子育て支援の取組を実践されている大日向雅美先生による基調講演が行われました。事前に寄せられた子育ての悩みに対して、大日向先生が例を挙げながら丁寧に回答。子育て中の方々の気持ちに寄り添う大日向先生の温かなメッセージに、多くの皆さんがうなずいていました。
また、この春からスタートする『子ども・子育て支援新制度』について、資料を用いながら紹介し、新制度のねらいや制度の概要などについて、ポイントを押さえてわかりやすく解説されました。「新制度の主役は地域、そしてあなた」であり、子供と子育て世代のために、行政、住民、NPO、企業が連携することの重要性についてのお話もありました。子育て支援に関する最新情報は、参加した皆さんにとっても、大いに参考になったようです。

基調講演 「大日向先生の『子育てQ&A』~「子ども・子育て支援新制度」スタートに向けて~」
トークセッション 「私たちのこれまで、そして東京の子育てのこれから~もっと知りたい!!子育て応援とうきょう会議~」

大日向雅美先生がコーディネーターを務め、子育て支援の最前線で活躍する方4名(渥美由喜氏:内閣府新たな少子化対策大綱策定のための検討会委員/岡山慶子氏:株式会社朝日エルグループ会長/川島高之氏:NPO法人コヂカラ・ニッポン代表/宮城明子氏:NPO法人自由が丘ママの会代表理事)が「東京の子育てのこれから」をテーマに熱く語り合いました。
それぞれの取組の背景や、「子育て応援とうきょう会議」の活動に関する紹介をはじめ、ワークライフバランスの推進、仕事と子育ての両立を支援する管理職(=イクボス)の普及、ママヂカラを活かすなど、東京ならではの潜在力を活かして、具体的な提案や意見が活発に出されました。安心して子育てでき、子供たちが心身とも健やかに成長できる環境づくりのため、みんなが力を出し合い、社会全体で子供と子育て家庭を支援することが大事だというお話に、皆さん、熱心に耳を傾けていました。

トークセッション 「私たちのこれまで、そして東京の子育てのこれから~もっと知りたい!!子育て応援とうきょう会議~」
特別講座 「もっと子育てを楽しもう!とうきょうOSEKKAIカフェ特別講座」

はじめに「もっと子育てを楽しもう!」をテーマに、昭和女子大学学長の坂東眞理子先生による講演がありました。子育て中のパパ・ママを勇気づける「かわいいわね」「がんばってるね」という、周りの人の言葉の援助も大事で、「ちょっとだけおせっかいな人が増えたらいいですね」というお話に、多くの方がうなずいていました。
その後、子育て応援とうきょう会議のモデル事業「とうきょうOSEKKAIカフェ」を、特別講座として実施。参加した皆さんがその場で4~5人のグループを作り、自分の考えをまとめ、お互いにシェアするなど、実践的で充実したひとときを体験しました。

特別講座 「もっと子育てを楽しもう!とうきょうOSEKKAIカフェ特別講座」

セミナースペース

セミナースペースでは、子育てに関する講演のほか、参加型クラシックコンサート、声優さんによる絵本の読み聞かせ、スマホカメラの撮影講座など多彩なセミナーが開かれました。その中から一部をご紹介します。

特別講座 「もっと子育てを楽しもう!とうきょうOSEKKAIカフェ特別講座」
五感で体験!参加型クラシックコンサート

音楽を通して子供の感性を伸ばそうと、幼稚園や保育園などを訪れて演奏を行っている「NPO法人みんなのことば」によるクラシックコンサートが開催されました。フルート、バイオリン、ビオラ、チェロによる生演奏が始まると、子供たちは目を輝かせて演奏に聞き入り、大人たちも心地よさを感じてしばしリラックス。一般のコンサートとの違いは、聞いている人も演奏に参加するところ。メロディに合わせ身体を揺らし、手拍子したり声を出したり……。五感で音を楽しむ体験に、皆さん、笑顔が弾けていました。

五感で体験!参加型クラシックコンサート

ワークショップスペース

ワークショップスペースでは、クリスマスツリーとカード作りや、駅員制帽風のサンバイザー作りなど、楽しく学びながら工作が楽しめるワークショップが多数開かれました。その中から一部をご紹介します。

ワークショップスペース
手作りパラシュートを飛ばそう!

20代の若者が中心のNPO法人「全国福祉未来ネットワーク(未来ネット)」は、日頃から子供虐待防止運動などにも取り組む団体。この日は、親子で取り組めるパラシュート作りのワークショップを開催しました。用紙に絵を描いたり、好きな色に塗ったり、作るプロセスも楽しい時間。できたパラシュートを投げて飛ばすチビッコたちの満足げな笑顔が見られました。

手作りパラシュートを飛ばそう!

展示スペース

子供・子育て家庭支援に取り組む、約70もの企業やNPO、自治体などが、日頃の取り組みについてご紹介した展示ブース。パンフレットなどによる情報発信だけでなく、趣向を凝らした展示、遊びの体験提供など、来場者の親子と和やかにふれあう様子がみられ、出展者同士の活発な情報交換も行われました。その中から一部をご紹介します。

子供を笑顔にするおもちゃとのふれあい

全国各地の公共施設などで、おもちゃの貸し出しを行っているNPO法人「おもちゃの図書館全国連絡会」。もともと障害のある子供のために始まったおもちゃの貸し出しですが、現在はすべての子供を対象に、共に遊び育ちあう環境を提供しています。展示ブースには、手作りの布おもちゃなどが多数並び、子供たちが夢中で遊んでいました。

子供を笑顔にするおもちゃとのふれあい
犯罪から子供を守るために!

子供の連れ去りなどの犯罪防止として、家庭での安全教育をサポートしているNPO法人「日本こどもの安全教育総合研究所」。不審者に遭遇したとき、自分で身を守る手段として大声をあげることができるよう、子供たちは声を出すことを体験。保護者には日頃から防犯意識を持つことの大切さをアピールしていました。

犯罪から子供を守るために!
強力な助っ人、地域の子育て応援団!

乳幼児の子育てサポート、学齢児童の登下校の見守りサポートなど、地域密着の子育てを応援する「東京都民生児童委員連合会」。民生委員・児童委員の活動を、1人でも多くの人に知ってもらえるよう、キャラクター「ミンジー」も一緒に子育て中のパパママへアピールしていました。

強力な助っ人、地域の子育て応援団!

キッズスペース

巨大ダンボール迷路のスタンプラリーや新聞紙プールなど、遊べるコーナーとして会場5カ所に設けられたキッズスペース。子供たちはもちろん、パパやママも一緒になって楽しそうに遊んでいました。その中から一部をご紹介させて頂きます。

キッズスペース

来場者インタビュー

Uさんファミリー

JR(東日本旅客鉄道(株))のワークショップに参加しました。サンバイザー作りをしたり、電車内のマナーを教えてもらったり、親子で楽しめました。遊べるコーナーがいろいろあって、会場内を回るだけでもワクワク。娘はダンボール迷路に夢中でした。子育ての情報もいろいろ知ることができました。

Yさんファミリー

子供が大好きなアンパンマンのショーがあるので、来てみました。こうしたイベントは初めてでしたが、いろんな展示ブースがあって、とても面白かったです。 また参加してみたいと思います。

Sさんファミリー

子供たちが楽しめるいろいろな手作り工作や遊べるブースがあって、会場内を飽きずに 見て回ることができました。頂いたパンフレットが沢山あったので、後でじっくり目を通したいと思います。

子供未来とうきょうメッセ~つながろう、深めよう、みんなで子育て~(子供未来とうきょうメッセ)