イベントと取組

「みんなで赤ちゃんを守ろう」鉄道でのベビーカー利用に関するキャンペーン2011

2011/03/18

子育て応援とうきょう会議、東京都福祉保健局、(特非)ファザーリング・ジャパン、全国ベビー&シルバー用品連合会、製品安全協会及び関東の22の鉄道事業者は、昨年に引き続き「『みんなで赤ちゃんを守ろう』鉄道でのベビーカー利用に関するキャンペーン」を実施し、共同でのポスター掲出をはじめ、以下の取り組みを行います。
ベビーカーの安全な乗り降りについて皆様のご理解、ご協力をお願いいたします!

「みんなで赤ちゃんを守ろう」鉄道でのベビーカー利用に関するキャンペーン2011

キャンペーン期間

平成23年3月18日(金)から平成23年4月30日(土)まで

参画団体

子育て応援とうきょう会議、東京都福祉保健局、(特非)ファザーリング・ジャパン、東京都交通局、東日本旅客鉄道株式会社、東武鉄道株式会社、西武鉄道株式会社、京成電鉄株式会社、京王電鉄株式会社、小田急電鉄株式会社、東京急行電鉄株式会社、京浜急行電鉄株式会社、東京地下鉄株式会社、相模鉄道株式会社、新京成電鉄株式会社、北総鉄道株式会社、東葉高速鉄道株式会社、東京臨海高速鉄道株式会社、東京モノレール株式会社、埼玉高速鉄道株式会社、首都圏新都市鉄道株式会社、横浜高速鉄道株式会社、箱根登山鉄道株式会社、江ノ島電鉄株式会社、多摩都市モノレール株式会社、全国ベビー&シルバー用品連合会、財団法人製品安全協会

後援

国土交通省、消費者庁

コンセプト

「みんなで赤ちゃんを守ろう」

これまで、大切な赤ちゃんを守るために、ベビーカーを利用される方やその周囲の方に向けて、鉄道をご利用いただく際のベビーカーの安全な利用にご協力いただくよう呼びかけを行なってまいりました。バリアフリー設備の整備などに伴い、ベビーカーで鉄道をご利用になる方は増えていることから、引き続きベビーカーの安全利用に関する呼びかけを行っていきます。

キャンペーン内容

(1)共同でのポスター掲示

大切な赤ちゃんを守るため、ベビーカーをご利用の方のスムーズな乗り降りにご協力いただくよう周囲の皆様へご理解・ご協力をお願いするとともに、ベビーカー利用者の方へもご注意いただきたい内容をポスターで呼びかける。

掲示場所 参画団体の駅構内、団体関連施設
掲示期間 平成23年3月18日(金)~4月30日(土)

(2)ベビーカー利用者へのパンフレットの配付

駅や電車でベビーカーをご利用の際にご注意いただきたい内容について記載したパンフレットを作成し、東京都内の子育てひろばや保育所等に配付。また、一部のベビーカーメーカー様の出荷する製品にパンフレットを同梱する。