イベントと取組

「みんなで赤ちゃんを守ろう」鉄道での安全なベビーカー利用に関するキャンペーン2014

2014/05/01

駅構内におけるバリアフリー設備の整備などに伴い、ベビーカーで鉄道を利用される方が多いことから、子育て応援とうきょう会議は、鉄道事業者等とともにベビーカーの安全利用に関する呼びかけを行ってきました。

今年は、国土交通省に設置された「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」(下記参照)の構成団体として、同協議会が実施するキャンペーンに協力し、ベビーカーの利用について周囲の方のご理解ご協力と、安全なベビーカー利用をベビーカーを使用される方に、お願いしていきます。

「みんなで赤ちゃんを守ろう」鉄道での安全なベビーカー利用に関するキャンペーン2014

1 期  間

平成26年5月1日(木曜日)~5月31日(土曜日)

2 実施内容

(1)ポスターの掲示及びチラシの配布

子育て応援とうきょう会議の構成団体等の協力を得て、駅構内や保育所、子育てひろば等において「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」が作成した、共通のポスターを掲出するとともに、ベビーカー利用者にチラシを配布します。

~ベビーカーは大切な命を乗せています~
ちょっと気づかう、そっと見守る
周囲の方は・・・

ベビーカー使用者には、温かい気持ちを持って接し、見守りましょう。
エレベーターがない場所での上り下りなど、手助けを申し出てみましょう。

ベビーカー使用者は・・・

周囲の方との接触や通行の妨げなど、ベビーカーの操作には気をつけましょう。
困っているときは遠慮せず手助けをお願いしてみましょう。

(2)イベント「~みんなで赤ちゃんを守ろう!~ベビーカー利用安全教室inてっぱく」の実施

キャンペーンの一環として、赤ちゃんとの外出を安全に楽しむことができるよう、鉄道事業者と連携して、下記のとおりイベントを開催し、安全な電車の乗り方講座やパネル展、スタンプラリー等の実施を通じて、ベビーカーの安全利用をお願いします。

日時 平成26年5月20日(火曜日)10時から16時まで
場所 鉄道博物館 (通称:てっぱく) 埼玉県さいたま市大宮区大成町三丁目47
主催 子育て応援とうきょう会議 東日本旅客鉄道株式会社 東武鉄道株式会社 西武鉄道株式会社 京成電鉄株式会社 京王電鉄株式会社 小田急電鉄株式会社 東京急行株式会社 京浜急行株式会社 東京地下鉄株式会社 相模鉄道株式会社 新京成電鉄株式会社 東京都交通局 関東鉄道協会 日本地下鉄協会
対象 お子さまを含む1組最大5名さまを計1,000名ご招待(入場料無料)
応募期間 平成26年4月25日(金曜日)~5月12日(月曜日)
応募方法等詳細

下記の応募専用フォームに、必要事項を記入の上、お申込ください

【参加条件】お子様を含む1組最大5名さまでのご参加が可能です。お子様とご一緒に、館内に設置した3つの安全教室のうち、最低1つを受講していただきます

※「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」について

公共交通機関等におけるベビーカーを利用しやすい環境づくりに向けて、ベビーカー利用に関する必要な事項の協議を進めるために、国土交通省は、平成25年6月に学識経験者、子育て等関連団体、交通事業者、商業施設団体、行政機関等の実務者で構成される協議会を設置して検討を進め、3月26日に検討結果をとりまとめ、「ベビーカー利用にあたってのお願い」及び「ベビーカーマーク」を公表した。
国土交通省HP:https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo09_hh_000083.html