イベントと取組

大学生によるワークライフバランス推進企業への取材2009

ワーク・ライフ・バランス社会の実現が社会的に求められており、特に企業のワーク・ライフ・バランス施策展開の取組への期待は強いものがあります。企業がワーク・ライフ・バランス施策を進める際に、将来の人材となる大学生の価値観や就業意識の動向は注目される点ですが、若者の視点から企業の人事政策を調査分析するという試みはあまりなされていません。
子育て応援とうきょう会議では、企業にワーク・ライフ・バランスの必要性を実感して今後の施策の方向性について検討をするきっかけとしていただくため、昨年度に引き続き法政大学キャリアデザイン学部と協働し、大学生によるワークライフバランスの推進に取り組む企業13社への取材を実施し、各企業の取組みに関するレポートを作成しました。

► 昨年度の取材レポートはこちら

また、取材を通して学生が発見したこと、さらに深く話を聞きたいことなどについて、取材企業との座談会を開催し、率直な意見交換を行いました。 座談会では、これから社会に出る学生が調査を通して何を感じ、自らのキャリアやWLBをどう考えたか、また、会社としてのWLBへの取組の意義や難しさ、また、一社会人としご自身のWLBについての考え方など、それぞれの立場から率直な意見が交わされました。

取材結果に関する研究発表として、2010年2月9日開催のワークライフバランスフェスタ東京2010にて行いました。

発表の模様はこちらのレポートをご覧下さい! ► 発表レポートページ

取材企業一覧

番号 企 業 名
1 味の素株式会社
2 アステラス製薬株式会社
3 医療法人社団北原脳神経外科病院
4 花王株式会社
5 株式会社トライアンフ
6 株式会社日立製作所
7 株式会社ヒューマンシステム
8 新栄工業株式会社
9 住友商事株式会社
10 大日本印刷株式会社
11 東京電力株式会社
12 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
13 富士ゼロックス株式会社