雨のお天気が続く時は、「子育てひろば」で過ごそう

例年と比べて雨が多い今年の夏。雨の日が続いて、家で過ごす時間が多くなると、元気いっぱいのお子さんには、体力が余ってしまうこともあると思います。

 

そんな時は、近所の「子育てひろば」に足を運んでみましょう。

「子育てひろば」は、主に、0~3歳を中心とした乳幼児とその保護者が、一緒に遊んで過ごせる場所です。
B

 

室内には小さいお子さんが遊べる遊具や、絵本がたくさんあります。小さいお子さんが安全に遊べる環境も整っており、ご近所の同年代のお子さんも多く集まります。お子さんやお母さん同士の出会いの場にもなっています。

 

そして、地域の子育て情報や子育てグループの情報なども掲示などしています。また、「離乳食」や「ふれあいあそび」などの子育てに関する講座を行っているところもあります。

 

お子さんの成長や気になることなど、子育ての相談もひろばの職員にできますので、気軽にお話しください。
A

お近くの「子育てひろば」を知りたい時は、お住まいの区や市のホームページや、東京都福祉保健局のホームページ内子育てひろばのページから施設一覧をご覧ください。

 

東京都福祉保健局

子育てひろば(地域子育て支援拠点)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/ouen_navi/hiroba.html

鶏などの生肉から感染する「カンピロバクター」による食中毒に注意しよう

 

暑いこの時期、小さなお子さんに、気を付けて欲しい食中毒があります。

それは「カンピロバクター食中毒」です。

カンピロバクターとは、鶏や牛などの腸管にいる細菌で、 少量の菌でも食中毒を発生します。

特に子供は、大人よりも食中毒にかかりやすく、重症になりやすいことが多いです。

また、平成27年度は318件のカンピロバクターによる食中毒が報告されています。※1

カンピロバクターによる食中毒は、カンピロバクター菌を持つ食材を食べてから1~7日に発症し、下痢、腹痛、発熱、嘔吐などの症状が出ます。

発症から約1週間ほどで治癒しますが、抵抗力の弱い乳幼児には注意が必要です。

小さいお子さんへの感染予防策として、カンピロバクターは、熱に弱いため、十分な加熱をして食べること(鶏わさや鶏肉のさしみなどは与えない)、

調理の際はサラダなど生で食べるものとは別に調理する、鶏肉などの生の食材を調理した包丁やまな板、器などは熱湯で消毒することが大切です。

2017-1

また、お子さんと一緒に生の鶏肉の調理をした際は、お子さんの手を必ず液体石鹸で2度洗いをしましょう。子どもが一人でうまく手を洗えない時は、大人が一緒に手を洗うなどしてください。

空揚げや焼き鳥などお子さんも大好きなメニューになる鶏肉です。

食中毒に注意しながら、上手に付き合っていきましょう。

2017-2

厚生労働省

食中毒 細菌による食中毒 カンピロバクター

消費者向けリーフレット:家庭調理の心得

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000130243.pdf (PDF形式:198KB)

参考

※1 厚生労働省 カンピロバクター食中毒予防について(Q&A)http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126281.html

東京都福祉保健局 食品衛生の窓 カンピロバクター食中毒

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/campylo/child.html

ベビーカー利用に関するキャンペーンを実施します!

駅構内におけるバリアフリー設備の整備などに伴い、ベビーカーで鉄道を利用される方が多いことから、子育て応援とうきょう会議は、鉄道事業者等とともにベビーカーの安全利用に関する呼びかけを行ってきました。

今年も、国土交通省に設置された「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」の構成団体として同協議会が実施するキャンペーンに協力し、ベビーカーの利用について周囲の方のご理解ご協力と、安全なベビーカー利用をベビーカーを使用される方に、お願いしていきます。

 

1 期間

平成29年5月1日(月曜日)~5月31日(水曜日)

 

2 実施内容

ポスターの掲示及びチラシの配布

子育てひろばや、子育て応援とうきょう会議の構成団体等の協力を得て、「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」が作成した、共通のポスターを掲示するとともに、ベビーカー利用者にチラシを配布します。

ベビーカーキャンペーン

B1.indd

【キャンペーンポスター】

    

A4.indd

【キャンペーンチラシ(表)】

    

チラシ_共通うら.indd

【キャンペーンチラシ(裏)】

      
※「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」について

公共交通機関等におけるベビーカーを利用しやすくする環境づくりに向けて、ベビーカー利用に関する必要な事項の協議を進めるために、国土交通省は、平成25年6月に学識経験者、子育て等関連団体、交通事業者、商業施設団体、行政機関等の実務者で構成される協議会を設置して検討を進め、平成26年3月26日に検討結果をとりまとめ、「ベビーカー利用にあたってのお願い」及び「ベビーカーマーク」を公表した。

国土交通省HP:https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo09_hh_000083.html

 

 

親子で絵本を読みに図書館に行こう

親子でのふれあいの時間に絵本を読んで見てはいかがですか?

どんな絵本を読んだらいいか、迷っている方は、ぜひ、お近くの図書館に行ってみましょう。

gatag-00010077

図書館には司書という本のアドバイザーがいますので、お子さんの年齢にあった絵本を聞いてみましょう。

棚に展示されているおすすめの絵本を手にとりながら、選んでもよいでしょう。

中には既存の絵本を大きくしたとても大きな大型絵本もあります。大きな絵や絵本をめくることに子供も大喜びしますよ。

また、図書館では赤ちゃん向けの「おはなし会」で絵本の読み聞かせやわらべうたなど行っています。

定期的に開催していることが多いので、こちらに参加してみるのもお勧めします。

図書館よっては「こども図書館」として、一般の閲覧室とは別室で子供と一緒に絵本を楽しめるところもあります。

地域の育児情報コーナーや、おむつ替えや授乳ができるスペースを備えているところもあります。

gatag-00002804

小さなお子さんを連れた方が安心して過ごせる東京都の「赤ちゃん・ふらっと」になっているところもありますので、気軽にお子さんと一緒に行ってみてはいかがですか?

 

参考URL: 赤ちゃん・ふらっと(東京都福祉保健局)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/akachanflat.html

 

【ご案内】株式会社東武百貨店様主催「すくすくとうぶパパママ応援会」出展団体の募集について

こんにちは、事務局です。

 

この度、株式会社東武百貨店様より協働会員の皆様へ、3月25日(土曜日)に東武百貨店池袋店にて開催される、「すくすくとうぶパパママ応援会」への出展団体募集について、ご案内をいただきました。

 

当イベントにつきまして出展を希望される方は、以下及び出展案内をご確認の上、奮ってご応募ください。


■開催概要


○イベント名

すくすくとうぶパパママ応援会
 
○主催
株式会社東武百貨店
 
○イベント趣旨

本イベントは、“子育て百貨店”をスローガンに、子育て世代のお客様へ「東武百貨店は子育て世代にやさしい百貨店です」といったメッセージを伝えることを目的としたイベントです。

また、本イベントを通じて、子育て支援を行っている企業・団体の活動を広めることで、子育て世代のお客様に役立つ「学び」を提供いたします。

 
○開催日時

平成29年3月25日(土)午前10時から午後4時まで(予定)

 

○会場 

東武百貨店 池袋店
8F 屋上スカイデッキ広場
(豊島区西池袋1-1-25 池袋駅直結)
※雨天中止

 

○内容 
・展示ブースでの取組紹介・PRなど
・お子様向け遊び広場(砂場など)
・お子様向けイベント(紙芝居など)

 


■募集内容


○募集期間 

平成29年2月20日(月曜日)から2月24日(金曜日)まで(メール受付)

 

○出 展 料 

無 料

 

○応募方法

出展案内をご確認の上、出展申込書を下記事務局にメールにてご提出ください。

⇒ 「すくすくとうぶパパママ応援会」出展のご案内(PDF:392KB)

⇒ 「すくすくとうぶパパママ応援会」出展申込書(Excel:24KB)


■お問合せ先


「すくすく とうぶパパママ応援会」運営事務局
株式会社 東武百貨店池袋店 販売促進部 企画課 (担当者 齋藤・松岡)
〒171-8512 東京都豊島区西池袋1-1-25 事務館5F
メールアドレス m-saitoh@tobu-dept.co.jp

TEL番号 03-5951-5399 ・ FAX番号 03-3981-4402 【営業:平日:10:00~18:00】