• ツイッター
  • フェイスブック

ちょっとお役立ち情報ちょっとお役立ち情報

12月 ノロウイルスの感染を予防しよう!

子どもが突然吐いてびっくりした、という経験はありませんか?寒くなると毎年ノロウイルスが原因の胃腸炎が流行します。一度かかると本人はもちろん看病する家族も大変ですね。ノロウイルスによる胃腸炎は、どのように予防すればよいのでしょうか。
 

ノロウイルスはいつ流行るの?どんな症状?

 
感染力がとても強いノロウイルス。感染する人は1年を通していますが、感染者が増加するのは寒くなる11月頃で、12~1月にピークをむかえます。
1~2日の潜伏期間を経て発症し、主な症状は嘔吐、下痢、腹痛、微熱など。通常は発症してから1~2日ほどで徐々に回復しますが、小さな子どもは重症化することもあるので注意が必要です。
 
ノロウイルス
 

ノロウイルスの感染経路は?

 
ノロウイルスのほとんどは経口感染と考えられています。
 
<人から人への感染>
・感染した患者のふん便や吐物から人の手指を介してウイルスが口に入る
・人が集まる場所での飛沫感染(咳やくしゃみなど)
 
<食品を口に入れて感染>
・汚染された二枚貝を、十分に加熱せずに食べた場合
・汚染された井戸水などを消毒不十分のまま飲んだ場合
・食品を取り扱う人が感染しており、その人を介して汚染された食品を食べた場合
 
 

これだけはやっておこう!ノロウイルスの感染予防

 
ノロウイルスの予防には、帰宅後やトイレ後、食事の前などの手洗い・うがいと、身の回りの清掃・消毒を徹底することが大切です。
ノロウイルスを消毒するには次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒薬を使う必要があります。ドラッグストアなどで手に入るので、突然の嘔吐に備えてビニール手袋やマスクなどとともに準備しておくと安心です。手が触れることの多いトイレの便座やドアノブなどは、0.02%の次亜塩素酸ナトリウムで消毒し、その後水拭きします。希釈濃度をあらかじめチェックしメモ書きしておくと、いざというときに慌てずにすみますよ。
 
ノロウイルスの感染予防
 

それでも感染してしまったら?

 
現在ノロウイルスには抗ウイルス薬がありません。そのため、病院では対処療法をもちいて症状を軽減する処置が行われます。子どもが感染すると脱水症状を起こすことがあるため、吐き気が落ち着いたら少しずつ水分をとらせるようにしましょう。また、病気の回復を妨げるので下痢止め薬はなるべく使用させないことも大切です。症状が重いときには迷わず受診させましょう。

年末年始はイベントが続き、体調を崩しやすくなります。しっかりと感染を予防して、寒い冬を楽しく乗り切りましょう!
 
参考URL:
首相官邸 ノロウイルス(感染性胃腸炎・食中毒)対策~冬は特にご注意を!~
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/noro.html
 
厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html
 
*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/

「ちょっとお役立ち情報」に戻る