• ツイッター
  • フェイスブック

ちょっとお役立ち情報ちょっとお役立ち情報

3月 妊娠中の食生活~食中毒に気をつけよう~

お腹の赤ちゃんにしっかりと栄養を届けたい妊娠期。妊婦の皆さんは、どのような食事をしていますか? 段々と暖かくなるこの季節、食中毒にも注意しなければなりません。安全な食生活を送るためには、何に気をつければ良いのでしょうか。

なぜ妊娠中は食中毒のリスクが高いの?

妊娠中は免疫力が低下しているため、妊娠前に比べて食中毒にかかりやすくなっています。飲むことができる薬も限られているので、口にする食品には十分注意したいもの。

また、食中毒は嘔吐や下痢をともなうので、子宮が収縮し早産や流産などお腹の赤ちゃんへの影響を与える可能性があります。食中毒をおこす菌の中には、胎盤を通して赤ちゃんに感染するものもあるため、特に気をつけなければなりません。

妊娠中の食生活

食中毒にかからないために、気をつけること

妊婦や赤ちゃんに影響を与える可能性のある食中毒菌の1つに、「リステリア菌」があります。健康な人がリステリア菌に感染しても、その多くは症状が出ずに済みますが、妊婦が感染すると発熱や悪寒などを発症し重症化することも。また、胎盤を通して胎児に感染するため、流産や早産、死産などの原因にもなります。産まれてくる赤ちゃんには、髄膜炎や敗血症などの症状を起こす場合もあるので注意が必要です。

<妊娠中に避けた方が良い食べ物>
ナチュラルチーズ(加熱殺菌していないチーズ)や、肉や魚のパテ、生ハム、スモークサーモンなど。
※リステリア菌は塩分に強く、加熱せずにそのまま食べられる食品に多い細菌です。

<冷蔵庫を過信しないで!>
食べ物を冷蔵庫に入れておいても、菌はゆっくりと繁殖しています。封を切ったら期限にかかわらず早めに食べきることが大切です。また、食べる前には中心まで十分に加熱しましょう。

食中毒に気を付けよう

もしも妊娠中に、食中毒にかかってしまったら?

もしも食中毒に感染してしまったら、まずは、かかりつけの産院に相談し指示を仰ぐことをおすすめします。薬については妊娠時期によって飲んではいけないものがあるため、自分の判断で服用するのは避けましょう。

妊娠中はお腹の赤ちゃんにしっかりと栄養を届けるため、安全な食事をしたいもの。「冷凍食品の解凍は冷蔵庫でする」、「時間が経ってちょっとでも怪しいなと思った食材は思い切って捨てる」など、いつもより少しだけ気をつけて妊娠生活を楽しく過ごしてくださいね。

参考URL;

厚生労働省 妊娠中と産後の食事について
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/ninpu-02.html

*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/

「ちょっとお役立ち情報」に戻る