• ツイッター
  • フェイスブック

子育てお役立ち情報子育てお役立ち情報

先天性風しん症候群

先天性風しん症候群

風しんウイルスの胎内感染によって、出生児が白内障、先天性心疾患、難聴などの先天異常を起こす感染症のことです。 先天異常の発生は、妊娠12週までの妊娠初期の初感染に最も多くみられ、20週を過ぎるとほとんどなくなります。

出典:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-10.html

「子育てお役立ち情報」に戻る