• ツイッター
  • フェイスブック

子育てお役立ち情報子育てお役立ち情報

12月 地域コミュニティの場、子供食堂に行ってみよう!

あなたの周りに1人きりでご飯を食べている子供はいませんか?子供食堂は、子供のみでも安心して食事ができる場所です。気になってはいるけれど、どんなところなのかわからない…という方は、この記事をチェックしてみてくださいね。

子供食堂ってどんなところ?

「子供食堂」とは、地域の子供や保護者が気軽に立ち寄り、栄養バランスの取れた食事をとりながら、お互いに交流するコミュニティの場のことです。

「民間団体などが提供する取り組みで、無料または低料金で食事することができます。
主に平日の夕食のために営業していることが多いですが、食堂によっては週末の昼や、夏休みなどの長期休暇期間などに営業するところもあります。
場所は、地域の公民館やコミュニティセンターなどの施設や、休業日の飲食店、学童などさまざまです。

子供食堂

大人も一緒に子供食堂を利用していいの?

子供食堂というと、貧困家庭や孤食の子供が一人でも利用できるようにとはじめられたものですが、現在では生活状況が困難な子供だけに限らず、親子や高齢者など年齢にかかわらず受け入れているところもあります。単に子供が食事をするところというわけではなく、気軽に地域の人たちと話せる、家庭、学校に次ぐ、もう一つの居場所となっています。

子供食堂

近くの子供食堂に行ってみよう!

平成30年度に「子供食堂推進事業」で支援をした子供食堂は、東京都内で117ヶ所。月に数回営業しているところから毎日開催しているところ、食事だけでなくイベントを行うところなど、子供食堂ごとにさまざまな特色を持っています。お近くの子供食堂を探して是非行ってみてくださいね。

参考URL;
東京都福祉保健局「子供食堂推進事業」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/kodomo/kosodate/kodomoshokudou.html

農林水産省「子供食堂と連携した地域における食育の推進」
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomosyokudo.html

*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/

「子育てお役立ち情報」に戻る