• ツイッター
  • フェイスブック

ちょっとお役立ち情報ちょっとお役立ち情報

3月 子供の睡眠不足が心配?早起きのコツは「早起き・早寝」

夜になってもなかなか眠りに入れない子供たち……。スムーズに入眠させて、朝の決まった時間にスッキリ起きるためにはどうしたらよいのでしょうか。早寝・早起きのリズムは、「早起き」からはじめることがコツのようですよ。

子供は睡眠が足りないとどうなるの?

現代っ子の4~5人に1人は、睡眠習慣の乱れや睡眠障害など睡眠の問題を抱えていると言われています。子供は大人と同じく睡眠不足などが続くと、肥満や生活習慣病、うつ病などを引き起こすこともあるそう。昔から言われている基本的な生活習慣「早寝・早起き」を見直し、十分な睡眠をとることが大切です。

早起きのコツ!

体内時計をリセットして朝方に。~早起きのコツ~

朝寝坊して夜更かししてしまい、一日の睡眠が足りずに昼間眠くなってしまう。このような不規則な生活リズムを続けていると体内時計が整わず、寝る時間も起きる時間もだんだんと乱れていきます。

人間は目覚めて明るい光を浴びてから14時間後に少しずつ眠気を感じるようにできているそう。体内時計をリセットして早起きの習慣をつけるには、朝にどのような行動をとるかが勝負です。

子供に早起きさせるコツは次の2つ、
・1週間がんばって早起きをさせること
・起きたらベランダや窓際などで日光に当てさせること

日光浴は歯磨きなどをしながらでも大丈夫です。この2つを1~2週間ほど続けると朝方の体内時計に変わっていき、やがて毎日の習慣になります。

早起きのコツ「孤食」が続くとどうなる?

家族みんなで「早起き・早寝」を!

早起き・早寝のリズムを続けてしっかり身についたとしても油断は大敵です。家族が休みの週末などに寝坊してしまうと体内時計が一気に崩れて元に戻ってしまいます。平日に比べて週末に3時間以上寝ている子供は、睡眠不足であることが多いそう。

家族全体で「早起き・早寝」を続けて、子供に十分な睡眠を与えてあげたいですね。

厚生労働省e-ヘルスネット「子どもの睡眠」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-007.html

*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/

「ちょっとお役立ち情報」に戻る