• ツイッター
  • フェイスブック

ちょっとお役立ち情報ちょっとお役立ち情報

5月 食中毒や発熱、ケガを予防して、家族の健康をまもりましょう。

これからの時期、気温が上がり、梅雨に向けてさらに蒸し暑くなる季節となります。そんな時に家庭やテイクアウトで注意したいのが、食中毒です。ちょっとした気遣いで、家庭内での食中毒の発生を防ぐことができます。家族の健康を守り、安心して食卓を囲めるように、親子で、知っておきたい食中毒との戦い方を学びませんか。

食中毒ずかん

夏場は細菌による食中毒が多く、冬はウイルスによる食中毒が多く発生するといわれますが、食中毒は夏や冬にかかわらず、一年中、気を付けておきたいものです。東京都福祉保健局の「親子で学ぶ食中毒ずかん」では、みんながよく耳にする食中毒のウイルスや細菌について、個別に「症状」や「潜伏期間」その特徴を知って予防する方法を教えてくれています。コワ~い食中毒からカラダを守るためには、①ピカピカ作戦、②ヒエヒエ作戦、③アツアツ作戦の3つが大切です。親子で学んで、ママのお手伝いをしながら、3つの予防策を実践して家族の健康な食卓をまもりましょう。

パンフレット「親子で学ぶ食中毒ずかん」(PDF)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/zukan/files/leaf.pdf

また、食中毒は嘔吐や下痢をともなうため、妊娠中の時期は、子宮が収縮し早産や流産などお腹の赤ちゃんへの影響を与える可能性があり、特に気をつけたいものです。安全な食生活を送るためには、何に注意をしたら良いのでしょうか。
妊娠中の方は、あわせてこちらもご覧ください。
https://kosodateswitch.jp/blog/archives/3260

そして毎日、手洗いやうがいなど衛生面では気を付けているけれど、それでも発熱して病気になったり、転んでケガをするになるなど、家族の健康への心配は絶えません。そんな時、「知って安心 暮らしの中の医療情報ナビ」がお役に立ちます。「いざ」という前のために、ぜひ一読しておきましょう。
こども医療ガイド

たとえば、子どもの熱が出た→救急車を呼ぶ→入院する→治り退院して支払い→医療保険についてなど、最初の発熱から最後の医療保険まで細かくフォローしてくれています。

参考URL;
東京都福祉保健局 パンフレット「親子で学ぶ食中毒ずかん」(PDF)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/zukan/files/leaf.pdf
東京都福祉保健局 暮らしの中の医療情報ナビ
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/inavi/

「ちょっとお役立ち情報」に戻る