• ツイッター
  • フェイスブック

ちょっとお役立ち情報ちょっとお役立ち情報

6月 正しい歯みがきで、子どもの健康習慣を身につけましょう!

6月4日~10日は「歯と口の健康週間」です。日本歯科医師会では、「6(む)4(し)」にちなみ6月4日を「むし歯予防デー」、6月4日~10日を「歯と口の健康週間」としています。

むし歯は、ばい菌(細菌)の感染によって起こる病気ですから、歯みがきなどで歯についた細菌のかたまりを取って、細菌が歯のまわりにつかないようにします。細菌が歯の周囲にくっついて増えないようにする歯みがきは、とても大切な予防法です。 歯磨き

歯みがきの健康習慣、できていますか。

歯みがきは、乳幼児の頃から、楽しい健康づくりのひとつとして習慣づけましょう。そのためには子ども自身が歯みがきを嫌いにならないための工夫が必要です。たとえば、生活のリズムの中に上手に取り入れて家族で歯をみがく時間を決めたり、歌に合わせて歯をみがいてみたりなど、できるだけ楽しい雰囲気の中で行います。子どもが自分で上手にみがくことができたら、「よくできたね!」とほめることも有効です。

自分で正しくみがけるようになるまでは、時々、チェックしてあげましょう。歯ブラシの準備、歯ブラシの持ち方、みがく順番、歯にきちんとあたっているか、そして実際にみがき残しがないかなど。できていないなと思ったら、しばらくは親子で一緒に歯みがきをすることも効果的です。

仕上げ磨き

歯医者さんへ行くことも、健康習慣のひとつに。

フッ素には、歯を丈夫にして、むし歯になりにくくする作用があるといわれています。歯の質を強くするためにフッ素を利用する方法など、通っている歯医者さんに相談して歯の健康を保つことを心がけましょう。小さい頃から歯医者さんへ行くことは、むし歯を早期発見し、痛くなる前の初期段階に治療することで、歯の健康習慣につながります。

赤ちゃんの歯の健康については、こちらもご覧ください。
6月 母乳はむし歯になりやすい?卒乳期のむし歯予防3つ
https://kosodateswitch.jp/blog/archives/3299

参考URL;
日本歯科医師会「正しい歯みがき、できていますか」
http://www.jda.or.jp/hamigaki/index.html
東京都生活文化局「0歳~5歳まで乳幼児の上手な歯みがき指導法」(PDF)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/minamitama/hakkou/siryou.files/15sidou.pdf

*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/

「ちょっとお役立ち情報」に戻る