• ツイッター
  • フェイスブック

子育てお役立ち情報子育てお役立ち情報

10月 子供の予防接種

予防接種には、子供や家族を病気から守るだけでなく、学校や職場など身近な生活圏、そして社会全体での流行を防ぐ効果もあります。特に赤ちゃんの予防接種が遅れると、免疫がつくのが遅れるために、重い感染症にかかる危険性が高まります。
新型コロナウイルス感染症の流行で、これまで以上に子供の健康が気になるときだからこそ、予防接種は予定どおりに受けましょう。

image01

予防接種を受けそびれてしまったら?

定期予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。
万が一受けそびれてしまった場合でも、できるだけ早く受けることが大切です。
新型コロナウイルス感染症の流行後に、外出自粛要請などの影響で予防接種を受けられなかった場合には、地域の事情応じ、公費接種を受けられる場合があるので、まずはお住まいの市区町村に問い合わせてみましょう。

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール(2020年10月1日版)は以下のURLから確認ができます。
http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule.pdf

image02

予防接種を受ける際は

当日の子供の体調を必ず確認し、もし発熱など普段とは様子が違う場合は、医師に相談の上、接種するかどうか決めましょう。
子供の予防接種は「不要不急」ではないので控える必要はありません。医療機関や健診会場では、接種を行う時間や場所に配慮し、換気消毒など、新型コロナウイルス感染症の防止対策に努めています。受診の前には、体温を測定するなど体調に問題が無いこと確認し、家に帰ったら、手洗いなどの感染対策をしっかり行いましょう。

<参考>
東京都福祉保健局 遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児検診
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/okurasenaide.html

東京都こども医療ガイド
https://www.guide.metro.tokyo.lg.jp/vaccination/about/index.html

*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/

「子育てお役立ち情報」に戻る