• ツイッター
  • フェイスブック

子育てお役立ち情報子育てお役立ち情報

10月 秋の読書週間、親子で一緒に図書館へ行こう!

10月27日~11月9日は秋の読書週間です

図書館には子どもから大人まで、たくさんの人が楽しむことのできる、いろいろな種類の本が置かれています。今まで読んだことのない作家やジャンルの本に思いがけず出会えるのも、図書館で本を探す楽しみのひとつですね。読書週間には親子で一緒に図書館へ出かけてみませんか?

image01

「司書さん」は気軽に相談できる本のアドバイザー

探している本が見つけられないときや、どんな本を読めばいいか分からないときなどは、気軽に司書さんに相談してみましょう。例えば、お子さんから「うさぎちゃんが3匹出てくる本、また読みたい!」などの提案を受け、どの本を指しているのか、探し出すのに一苦労した経験はありませんか。そんなときも、司書さんは頼りになります。豊富な知識と経験から、限られた情報だけでも「また読みたい、あの本」を探し出してくれるかもしれません。

子供の「夢中」を見つけられるのも図書館の魅力

子供は繰り返し同じ絵本を「読んで!」と、ひとつのものに夢中になる時期がありますね。 都立図書館のホームページの「こどもページ」には、それぞれのテーマごとに本を紹介した「ほん・本・ごほん」のコーナーがあります。「うさぎの本」「パンの本」「おひさまの本」など、子供の興味のあるテーマから、いろいろな本を探すことができます。 また「こどもページ」のマスコットキャラクターの“ウリボウ”による「ウリボウのおすすめ」コーナーでは、乳幼児の読み聞かせの絵本をはじめ、小学生に読み聞かせたい物語、自由研究のヒントになるアイデアや本など、様々な角度からおすすめの本が紹介されています。ホームページでお目当ての本を見つけたら、実際に図書館に足を運んでみましょう。

image02

本を読んだり借りたりする以外にも楽しいことがいっぱい

図書館には、「絵本の読み聞かせ」や「おはなし会」などを実施しているところもあります。また、小さな子供を連れた方が安心してお出かけできるよう、授乳やオムツ替え等のできるスペースが整備された「赤ちゃん・ふらっと」に指定されている図書館もあります。「赤ちゃん・ふらっと」で検索し、気軽にお子さんと一緒に出かけてみませんか。

<参考>
東京都立図書館こどもページ
https://www.library.metro.tokyo.lg.jp/child/

*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/

「子育てお役立ち情報」に戻る