• ツイッター
  • フェイスブック

子育てお役立ち情報子育てお役立ち情報

1月 防災とボランティアの日は防災について親子で話してみましょう

1月17日は「防災とボランティアの日」です。平成7年に発生した阪神・淡路大震災を契機に定めらました。この機会に災害時の対応について、親子で話し合ってみませんか。

image01

家庭でできる災害時の5つの備えとは?

家庭でできる防災のポイントについて考えてみましょう。

①家具の配置場所の点検や転倒防止の工夫をしましょう
過去の震災では、多くの方が家具の転倒によってケガをしたり命を落としています。
ご自宅の家具は大丈夫でしょうか。親子で確認してみましょう。
<家のチェックポイント>

  • 寝室や子供部屋にはなるべく大きな家具を置かない
  • 家具は転倒しないように固定をする
  • 手の届くところに懐中電灯やホイッスルを置く
  • 家具が転倒したときも逃げることができるように避難経路を決めておく
  • 重いものは低い位置に置く

②災害に備えて備蓄をしましょう
災害時に電気やガス、水道などのライフラインが止まった時にどんなものが必要か話し合っておきましょう。
<備蓄品と量の目安>

  • 飲料水:飲料水は一人一日3リットルを目安に3日分を備えましょう。
  • 食品:アルファ米やカップ麺、ビスケット、チョコレートなど、保存食も3日分の用意の備えがあると安心です。
  • その他:トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロなどの用意も忘れずに。

生活用水の確保のために、水道水を入れたポリタンクの常備や、お風呂のお湯を張っておくことなども災害時の備えになります。

③非常用持ち出しバッグの見直しを
自宅が被災した場合は避難生活を送ることになります。
非常用持ち出しバッグを備えておき、必要時にはすぐ持ち出せるようにしましょう。
<非常用持ち出しバッグの中身>

  • 非常食品:飲料水、ビスケット、缶詰、チョコレート、飴など
  • 貴重品類:現金、預金通帳、印鑑、健康保険証、免許証など
  • 避難用具:ヘルメット、防災頭巾、懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池など
  • 救急用品:ばんそうこう、包帯、消毒薬、常備薬、生理用品など
  • 衣料品:下着、靴下、長袖・長ズボン、防寒着、雨具など
  • 生活用品:軍手、毛布、缶切、ライターやマッチ、ナイフ、洗面用具、携帯用トイレなど
  • その他:携帯用カイロ、赤ちゃんのいる家庭ではミルクや哺乳瓶、おむつなど

非常用持ち出しバッグは家族の人数分が必要です。子供の成長に合わせて、定期的な中身の点検や補充を心がけましょう。

image02

④安否確認の手段を共有しましょう
非常時の安全確認の方法や集合場所などについて家族で話し合っておきましょう。
災害時には携帯電話の回線が繋がりにくく連絡が取れないことが想定されます。
非常時に備え、予め十分に確認しておきましょう。
<災害時に便利なサービス>

  • 災害用伝言ダイヤル:「171」に電話をかけると伝言を録音・再生することができます。
  • 災害用伝言板:携帯電話などからインターネットを使って文字情報を登録・確認できます。

子供に親の携帯番号を持たせておくことも有効かもしれません。

⑤避難場所や避難経路の確認

災害時には、どこへどのように避難をするか確認しましょう。
防災マップやハザードマップを確認して、いざという時に安全に避難することを一緒に考えてみましょう。

災害はいつどこで起こるか誰にもわかりません。
過去の災害を教訓に、親子で万が一に備えておきたいですね。

<参考>
首相官邸 災害に対するご家庭での備え
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html
総務省なるほど統計学園
http://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0117.html
消防庁 非常用持ち出し品チェックシート
https://www.fdma.go.jp/relocation/bousai_manual/too/pdf/mocidashi.pdf

*写真は写真ACより
https://www.photo-ac.com/

「子育てお役立ち情報」に戻る