• ツイッター
  • フェイスブック

突撃!となりの支援施設突撃!となりの支援施設

子育て当事者に、より使いやすく!より役立つ情報を!

子育て支援団体・施設へ体験に行き、リアルな情報を発信します。


子育て広場

北区

「ララちゃんのおうち」のあそぼうDAYに行ってきました!

ララちゃんのおうち


商店街の空き店舗を利用してスタートした「ララちゃんのおうち」は、赤羽駅前から続く赤羽スズラン通り商店街「LaLaガーデン」の中にあります。買い物帰りなど子連れで利用しやすい場所にあるのは、とってもうれしいですよね。
今日は3歳の娘と一緒に遊びに来ました〜♪

ララちゃんのおうち


通常は乳幼児の一時預かりを行っている施設ですが、今回は託児がない日に保育室が開放される「あそぼうDAY」へ行ってきました。あそぼうDAYは事前登録や記名など必要なく、託児サービス以外は無料で気軽に利用できます。開催日はツイッターやホームページで確認できるそうですよ!

あそぼうDAYボード


たくさんのおもちゃや遊具で自由に遊ぼう!

さっそく室内に入ってみると、おもちゃや遊具がたくさん! 小さなお子さんとお母さんが思い思いに楽しんでいました。

室内の様子


遊んでいる間の荷物はこちらに!
小さなお子さんの手が届かない高さに置き場所があるのは安心ですね。頭をぶつけそうな所にはきちんとガードもされていましたよ。

荷物置き場


こちらにあるおもちゃの多くは、ララちゃんのおうちを利用した子供たちが持ってきてくれたものだそうです。これだけ種類があれば、いろいろな年齢の子が楽しめますね!

ララちゃんのおうちを利用した子供たちが持ってきてくれたおもちゃ


体を動かす遊具もありました。
娘は、トランポリンがお気に入りのよう♪
家にないおもちゃって、子供にとっては新鮮なんでしょうね。

トランポリン々


電車のおもちゃにも興味津々!
次々にいろんなおもちゃを手にとって遊んでいました。

電車のおもちゃにも興味津々


子供に配慮された安心の空間でひと休み

入り口を入ったところの通路には、ベビーベッドやおさんぼに利用可能な三輪車が!
乳児のうちは、ベビーベッドがあると本当に助かりますよね。
あそぼうDAYはスマホの充電やベビーカーの一時置き場としても、利用できるそうです。これもとっても助かります!

ベビーベッドやおさんぼに利用可能な三輪車


トイレには、簡易便座カバーではなく幼児用トイレが設置してありました。トイレを覚えたての小さな子にはうれしいですよね! ほかにもドアノブが縦にしてあったり、手や足を挟みそうなドアの隙間にはビニールなどが貼ってあったり…ケガを防ぐ細やかな配慮がいたるところにされていました。

簡易便座カバーではなく幼児用トイレが設置


赤ちゃんと楽しそうにふれあうのは、ララちゃんのおうち施設長の富田さん。子供たちからは「じいじ」と呼ばれているそうですよ。赤ちゃんもニコニコ♪

ララちゃんのおうち施設長の富田さん


お昼どきになり食事をとりたいとお伝えしたら、富田さんがテーブルを出してくださいました! ランチタイムなど決まった時間は設けていないそうですので、お食事したいときは声かけを♪
この日はおにぎりを持って行きましたが、商店街の近所のお店から出前も取れるんですって! 電子レンジや冷蔵庫も使えますよ。

ランチタイム


子育てでつながる地域、利用者、商店街

壁に貼られていたかわいらしいい絵は、利用者のお母さんが先生になって行った手形アートイベントの作品なのだそうです。ララちゃんのおうちでは、こうした親子向けイベントや、地域の高齢者の方を対象としたイベントも開催してします!

手形アートイベントの作品


レジ周りにはいろんな決済方法や割引きのポップがあってビックリ! 一時保育を利用する方の負担が少しでも軽くなるように、富田さんが情報を調べてさまざまなサービスを取り入れているそうです。

いろんな決済方法や割引きのポップ


ララちゃんのおうちで実施している「BG’sポケットクーポン」という取り組みのチラシが貼ってありました。地域の子育てを応援したいという方が購入したクーポンは、レジ横に置いてあり、枚数制限もなく利用者が託児料金として活用できるそうです。

BG’sポケットクーポン


壁一面には、クーポンを寄付してくださった方へ利用者からの感謝の声が!
地域の方のあたたかい協力がダイレクトに利用者に届く取り組みに、関心しきりでした。

壁一面には、クーポンを寄付してくださった方へ利用者からの感謝の声


こちらが、施設長の富田さんです。
お子さんを優しく見守る姿がとても印象的で、お子さんたちから「じいじ」と慕われるのもうなずけます♪
前職はシステムエンジニアをしていたとのこと。託児サービスの予約や情報発信にSNSが利用できるなど、子育て支援にITサービスを取り入れている点も、便利に感じるパパママが多いのでしょうね!

こちらが、施設長の富田さん


親子で気軽に立ち寄れる、街ぐるみの子育てスポット。

—あそぼうDAYに参加した感想

今回お邪魔したときは赤ちゃんが多かったのですが、小スペースにさまざまな遊具やおもちゃが置いてあり、3歳の娘も楽しそうに遊んでいました。
アーケード商店街の中にあって利便性が高いところも、子連れで利用しやすく魅力を感じました。

施設長の富田さんにお話を伺ったところ、商店街の組合からは店舗利用料の減額、地域の方からは託児チケットを購入する形で利用者への寄付、富田さんはボランティアで活動されているそうで、街ぐるみでの子育て支援を実感できる素敵な場所でした。

今回は誰でも利用できる開放日を利用しましたが、メインの一時預かりについて伺うと、親の子育てサポート面だけでなく、幼いときからの集団体験を通した発育のための託児というお話が出て、新鮮な驚きがありました。確かに、小さなときからいろんなお子さんや大人とふれあう機会って大事ですよね。

施設はとても清潔で、狭い空間ながらも豊富なおもちゃや遊具があり、危険のありそうな場所への細やかな配慮も行き届いているので、安心して子供を遊ばせることができました。お子さんの遊び場デビューにもぴったりだと思いますよ!

ララちゃんのおうち


「ララちゃんのおうち」

赤羽スズラン通り商店街が地域貢献のため、空き店舗の利活用を企図して運営している「乳幼児一時預かり交流サロン」です。託児利用のない日は施設を開放しており、「親と子のおやすみ処」として利用できます。また、定休日には「各種講座」や「多世代交流カフェ」の会長としても利用し、場所の有効活用を展開しています。「子供の育ちを支える地域づくり」を掲げ、地域の住民同士、また、商店街と利用者の「架け橋」の役割を担うさまざまな人と情報に出会える施設です。


施設長の富田さんより
未来につながる「子育て」は、肉親だけで担うのではなく、地域社会の課題と捉える必要があります。大人の都合での「託児」ではなく、お子さんのコミュニケーション能力や社会性を目覚めさせるための、自立を促す「保育」を探求しています。子育てを通じて、地域に愛着が生まれることを願います。


「ララちゃんのおうち」

HP: http://kitacoco.info/lalachan/