• ツイッター
  • フェイスブック

突撃!となりの支援施設突撃!となりの支援施設

子育て当事者に、より使いやすく!より役立つ情報を!

子育て支援団体・施設へ体験に行き、リアルな情報を発信します。


体験施設

中央区

「ポリスミュージアム」で警察の仕事を学んで体験しよう!

「ポリスミュージアム」は、最寄りの京橋駅から徒歩約2分、銀座駅やJR有楽町駅、東京駅も徒歩圏なので、子連れで気軽に行けます。大通り沿いにあり、入口前にはパトカーが展示されているので迷わずたどり着けます。

着くなり目を引くパトカーの展示。かっこいいですね!

ポリスミュージアム


入口すぐのヘリコプターと白バイにはいつでも乗ることができます。
しかも館内はどれも無料で体験できます!

ポリスミュージアム1階


「ポリスミュージアム」は1F〜6Fまであり、各階でさまざまな体験・学習ができます。
(6Fはイベントホールですが、イベントの開催がない時は休憩スペースになります)今回は、体験ができる1F・2F・3Fを中心にまわりました。

1F 警察車両の乗車・子供制服の着用体験ができる

おまわりさんなりきり体験

おまわりさんなりきり体験では、警察官のかっこいい制服を着られます!
警察官と白バイ(赤/青)の制服があり、帽子やヘルメット、ブーツなども用意されているのでかなり本格的!

おまわりさんなりきり体験


白バイにまたがる女性警察官(娘)…なんともミスマッチな光景です。
本人はそんなことお構いなしにノリノリで楽しんでいました(笑)
2歳の息子は実物の存在感に圧倒され、すぐ降りてしまいました。残念!

白バイにまたがる女性警察官


ちなみに乗車はできませんが、隣には白バイの前身「赤バイ」も展示されています。

こちらは実際に使われていた警察航空機第1号。
2本のレバーは連動していて、さらにプロペラが動く仕組みになっていました。
2人で一緒になって何度も乗り降りして楽しんでいましたよ。

警察航空機第1号


制服のサイズは100、120、140cmがあります。
6歳の娘は120cmの警察官、2歳の息子は100cmの白バイ隊員(青)を着ることに。2歳児にはまだ大きいですが、大人が付き添えば白バイにもまたがれるのでぜひチャレンジしてくださいね!
土日など混雑時は帽子と上着のみとなるそうなので、体験するなら平日がおすすめです。

2F 防犯について学ぶ

ジオラマで見る街の防犯

どこにでもありそうな街の様子を再現。
タッチパネルでその場所にひそむ危険について映像で見ることができます。

ジオラマで見る街の防犯


弟は小さな街並みを見て、電車や乗り物探し。
お姉ちゃんはタッチパネルの映像にそれぞれ夢中になっていました。

タッチパネルの映像を見て、電車や乗り物探し


タッチパネルで興味のある映像を見ながら、危険について学べます。
娘は来年小学校なので、ちょうどいい機会になりました。

初めての110番体験!
めったに経験することがない110番通報。
タッチパネルと受話器を使って、本番さながらに体験することができます。
いざとなると大人でも気が動転してうまく話せないと思うので、万が一に備えて流れを知っておくと安心ですね。

初めての110番体験


自転車運転シミュレーションで危険を学ぶ
1人で自転車を乗り始める、小学校入学前後のお子さんにおすすめしたいのがこちら。
危険な運転をした場合にどのようなことが起こるのか、シミュレーション映像を見ながら運転体験ができます。

自転車運転シミュレーションで危険を学ぶ


3F 事件・事故の解決に導く警察の仕事を学ぶ

交番の仕事とは?
自分が交番で働いているかのような様子がスクリーンに映し出されます。
交番に訪れる様々な人間模様が面白い!

交番の仕事とは


思わず「おまわりさんて大変だな~お疲れ様です!」
と言いたくなるような日常が描かれています。

おまわりさんの日常の様子


いつのまにか警察官になれるスクリーン
スクリーンの前の足あとマークに立って敬礼ポーズをとるたびに、
スクリーン上の自分が警察官のさまざまな制服に着せ替えられていきます。
息子は大喜び!ちなみに、敬礼は右手と決まっているそうですよ。

いつのまにか警察官になれるスクリーン


警察のお仕事体験コーナー
警察官のお仕事といっても実にさまざま。
聞き込み調査や似顔絵捜査官、犯人の足あと照合など、思わず大人ものめり込む体験が盛り沢山でした!

警察のお仕事体験コーナー


タイヤ痕を調べろ!
そして、6歳の娘がはまったのはこちらのお仕事。

タイヤ痕を調べろ!ゲーム


タイヤとタイヤ痕を一致させるものですが、「正解」が出るのが嬉しいようで、何度もチャレンジ。
観察力が身につきそうですね。

タイヤ痕を一致させるゲーム


やっと正解!!パチパチパチー!

やっと正解


指紋採取疑似体験コーナー
刷毛を使って指紋採取するコーナー。
指紋採取するシーン、刑事もののドラマでよくありますよね。
ここで疑似体験できます!

指紋採取するシーン


用意されている物から一つを選んで5個の指紋を見つけ、照合していきます。
時間制限もあってなかなか難しい!

5個の指紋を見つけ、照合


キッズコーナー/授乳室
プレイマットのあるキッズコーナーでは、制服の着用が難しい小さなお子さんにもなりきり体験ができる「顔出しパネル」が用意されています。
制服もマグネットで着せ替え可能。

プレイマットのあるキッズコーナー


キッズコーナーには、子供たちが思わず見入ってしまいそうなピーポくんアニメ映像も流れているので、歩き疲れた子供の休憩にもぴったりです。
すぐ向かいにオムツ替えのできる授乳室も完備されています。
赤ちゃんがいても安心ですよ。

4F 警察の活動を紹介

ミニシアター

3種類の映像がミニシアターで、自動で流れています。
子供たちは警察犬の訓練をテーマにしたアニメ「ぼくは鼻のそうさかん」がお気に入り。1話あたり9分程度なので子供でも飽きずに鑑賞でき、ここではじめて警察犬の存在を知ったようです。

3種類の映像がミニシアター


4Fにはミニシアターの他にも、警察の各部門の仕事を紹介するコーナーなどがあります。

ピーポくんグッズ!

ついついほしくなってしまうピーポくんグッズ。

ピーポくんグッズ

(ぬいぐるみはここでは買えませんので注意してくださいね。)

自動販売機のボタンを押すと1つずつ仕切られたグッズの扉が開きます。
子供たちがドキドキしながら手を入れる様子が微笑ましい!

グッズが売られてる自動販売機


遊びながら犯罪・防犯・警察の仕事について学べる

子供は成長とともに手が離れる分、交通事故や犯罪に巻き込まれないかとつい心配になります。特に小学校低学年までは、親が口で言って聞かせるだけではどこまで理解しているかわかりません。ちょうどこの時期に、子供自身がゲーム感覚で日常にひそむ危険やその対処法などを、自然と身につけることができるのはとってもありがたい!と思いました。

入口ではパトカー、ヘリコプターや白バイが出迎えてくれるので、子供たちは着いた瞬間に圧倒されていました。体験コーナーでは「見て・聞いて・触って」興味を引く工夫が随所にあったので、内容のわからない2歳児でも満喫していました。また6歳児にとっては交通ルールや防犯知識を学ぶ良い機会にもなりました。

大人も勉強になる内容が沢山あり、気がついたら私の方が捜査官気分で夢中になっていました。タッチパネル式体験コーナーは、レベル別や子供と大人で分かれているものもあり、年齢に応じて違う気づきや楽しみを得られます。
ぜひ親子で遊びに行ってくださいね!

「ポリスミュージアム」

ポリスミュージアムは、日本の警察の始まりから現代までのさまざまな資料を展示し、現在の警視庁の活動について紹介しています。身近な防犯の学習と、警察官の仕事を疑似体験できる、来て、見て、学び、体験できる施設です。


警視庁・広報課より
ポリスミュージアムは、警察の乗り物の展示や、アニメーションを使った映像作品の上映、警察官の仕事を疑似体験できる設備があり、子供から大人まで楽しみながら警察の活動について学べます。ぜひポリスミュージアムまで足を運んでください!


「ポリスミュージアム」

HP: https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/welcome/welcome/museum_tour.html