• ツイッター
  • フェイスブック

突撃!となりの支援施設突撃!となりの支援施設

子育て当事者に、より使いやすく!より役立つ情報を!

子育て支援団体・施設へ体験に行き、リアルな情報を発信します。


子育て広場

世田谷区

赤ちゃんと一緒にお出かけしよう☆古民家mamas

古民家mamasは、東急世田谷線「松陰神社前」駅から徒歩5分、東急バス「松陰神社前」バス停からは徒歩2分の場所にあります。mamasへの曲がり角には分かりやすく看板が出ていました。

古民家mamas


角を曲がって路地を歩いていくと、右手に看板と入口が見えてきます。
代表の吉原さんのご自宅とお聞きしていたので、「おうちのひろば」ってどんな感じなのかなと思っていたら・・・
とっても可愛い入口に、ワクワクしてきました(^^)

右手に看板と入口


チャイムを鳴らすと、スタッフさんが笑顔で玄関を開けてくれました。
玄関に入ると靴を脱ぐスペースにもマットが敷かれてあり、壁にはおもちゃがありました。
親が靴を脱ぎ履きしている時も、ちょっとそこに居てもらうことができるように工夫されているようです。

玄関


玄関の壁や廊下の壁には所狭しと、地域のイベントや情報が貼られています。
行ってみたいイベントを見つけました!

地域のイベントや情報


持ってきた荷物は、廊下の荷物掛けに。青い大きな袋が箱に入れてあるので、取り出して荷物を入れ(抱っこ紐なども)、帰る時は同じ箱に畳んで戻します。

廊下の荷物掛け


おもちゃや絵本がたくさんあるよ!

私がスタッフさんとお話ししている間にも、早速遊び始める娘。
ちょっと大きい子が遊んでいたパズルに手を出していました。
相手の子は困った顔をして防御(^^;;

早速遊び始める娘


手先を使うおもちゃが気に入ったようで集中して遊んでいます。
目新しいおもちゃばかりなので、楽しそう!

手先を使うおもちゃ


スタッフさんにも遊んでもらっていましたよ。
お友達だけでなく、いろんな大人と関われるのがこのような子育てひろばのいいところ。

スタッフさんに遊んでもらう娘


フローリングのお部屋には、ベンチや大きなビーズクッションが!
ビーズクッションはママにも子供にも人気。ビーズクッションに座っておしゃべりに花を咲かせているママもいましたよ。

ベンチや大きなビーズクッション


同じお部屋にあるベンチ。
うちの娘はここに乗って、後ろの本棚から本を出しまくっていました(^^;)
それでも注意されることもなく、「やりたいんだよね」と言ってもらい、ご機嫌でした。

同じお部屋にあるベンチ


たくさんおもちゃがあって、どれで遊ぼうかワクワクしますね。
どこに何があるか分かりやすく書いてあるので使いやすいし、片付けやすいです。

たくさんのおもちゃ


こちらは世田谷在住の絵本作家、丸山誠司さんの絵本コーナー。
玄関のドアや、この後ご紹介する、壁に描かれた身長計や冷蔵庫の絵を描かれた方だそうです。

丸山誠司さんの絵本コーナー


みんなで楽しく♪ランチタイム

お昼ご飯のときにはテーブルを出してもらえます。プラスチックのトレーがあるので、子供用のお昼ご飯はそこに乗せて食べさせます。
こぼすと拭くのが大変なので、とても助かりました。

お昼ご飯


食べている間にもどんどん利用者さんは増えていき、子供は食べさせてきたと、ママだけ食べる方も。
その間はママ同士やスタッフさんが子供を見てくれるという場面もありました(^^)

沢山の利用者さん


こちらはお昼ご飯の時に出していただいた、
代表の吉原さんとスタッフさんが鰹節で出汁を取った自然な味の野菜スープです。
いつもではないけれど、こうしてお料理を出してくださることがあるそうです。
ママたち用にと出してくださったのですが、娘が半分食べてしまいました(笑)

自然な味の野菜スープ


こちらは世田谷野菜のサラダとディップ。
ディップは手作りだそうです。ママたちもディップをかき混ぜて、サラダ作りに参加。
「家でも作ってみようっと」との声も。野菜が食べられて嬉しい^^

世田谷野菜のサラダとディップ


こちらは、利用者のママたちがハロウィーンだからと、差し入れてくれたお菓子です。
利用者さんたちの関係がとても素敵だな、と感じました。

差し入れてくれたお菓子


冷蔵庫やレンジも自由に使わせてもらえます。
冷蔵庫には絵本作家、丸山さんの絵が。
冷え冷えとしたところが好きな「ペンギン」、その下には、冷蔵(れいぞう)なだけに「ゾウ」が描かれていました(笑)
丸山さんらしい肩の力が抜ける、脱力系冷蔵庫だそう。
mamasに行って実際に見てみてくださいね。本当にかわいい絵です。

冷蔵庫やレンジ


心温まる工夫がたくさんありました

「身長が測れたらいいな」というmamas利用者の声から生まれた身長計だそうです。
こんなに可愛い身長計だと、子供も嫌がらずに測ってくれそう☆
まるで絵本のなかにいるみたいです!

身長計


お部屋の壁にはその日のスタッフさんの名前と、無料で飲めるドリンクが書いてあります。

無料で飲めるドリンク


誰のカップかわかるようにビニールテープに名前を書き、各自貼っておきます。
お茶ができるって、ありがたい・・・!

お茶用カップ


隣のお部屋にはお昼寝用マットも用意されています。
子供が眠ってしまっても、ここに寝かせられますよ。

お部屋にはお昼寝用マット


こちらは授乳スペースで、カーテンで仕切ることができます。私も使わせていただきました。授乳はここだけでなく、それぞれ好きな場所でしても良いみたいです。
授乳の後、このカーテンで“いないないばあ”をして遊んでいる娘(笑)

授乳スペース


おむつ替えスペースもあります。
大工さんに作ってもらったそうですよ。手作りなので、温かみがありますね。

おむつ替えスペース


この日はたまたまハロウィーンで、お部屋にかわいく装飾がしてありました。
子供たちへの温かい思いやりを感じます。とっても素敵だったので思わずパシャリ!

お部屋にかわいく装飾


ハロウィーンのマントを持ってきていたママが、娘に貸してくれました。
私はハロウィーンのことをすっかり忘れていたので・・・とても嬉しかったです。
イベントごともみんなでやると楽しい!

ハロウィーンのマント


mamasのお部屋は代表の吉原さんのご自宅です。mamasを始めた頃は、ご近所の古民家を提供していただき開催していたので「古民家mamas」という名前がついたそうです。
その後、世田谷区の助成を受けて、吉原さんのご自宅の一部でmamasを開催するようになりました。

スタッフさんたちは、ママたちのお話の輪に入って、いろんな話題や情報交換を見守っていました。

この日は、真剣な様子でスタッフさんに相談しているママの姿も。
mamasには「子育て支援コーディネーター」がいて、子育て家族のどんな相談にものってくれます。
相談内容に適した専門家や専門機関にもつないでくれるそうです。

吉原さんは、
「私たちの合言葉は“子育ては毎日がハッピーバースデイ!”なんです。子供の声は、泣き声も笑い声もみんな産声……とみんなで受け止めています。今日も思い思いの仮装を見せに来てくれて、楽しいバースデイパーティみたいでしょう!」
と満面の笑みで仰っていました(^-^) 
*身計の犬のイラストの下が吉原さん。

mamasのお部屋は代表の吉原さんのご自宅


こちらは、子供たちを優しく見守ってくださるスタッフさん。子育てしているスタッフさんも多く、友達のようにお話ししやすいです。

子供たちを優しく見守ってくださるスタッフさん


アットホームな雰囲気が、居心地良い。

利用者の皆さんは、家族のようにお互いの子供を見合ったりと、本当に仲良しです。初めて来た私たち親子にも、気軽に話しかけて遊んでくれました。私の娘は小さめで、「小さい、軽いってよく言われるんです」と話したら、「大きさなんて人それぞれだから、軽いかどうかわかんないよね」と笑顔で言ってくれたママがいました。なんだかホッとしました。ここに来ればちょっとした悩みなんかすぐに解決しそうです^^

最初から最後まで、温かくしてくだった利用者のママさんやスタッフさん、そして吉原さん、本当にありがとうございます。1日中居たくなる、居心地の良い場所でした。また遊びに行きたいと思います!

世田谷区おでかけひろば「古民家mamas」

古民家mamasは、妊娠中、生後1ヶ月からの赤ちゃんとその家族が利用できる子育てひろば。ママスタッフが見守る中で赤ちゃんを遊ばせたり、ママ同士でお茶を飲んでゆっくりできる場所。子育て支援コーディネーターがいて、子育て相談も受けている。

〈古民家mamasの開催日〉
@世田谷1丁目:平日10:00〜15:00(休みの日もあり)
※毎月1回日曜日はサンデーmamasが開催され、家族でにぎわいます。フランス人パパのエリックさんがスタッフに加わり、お絵かきや絵本タイム、からだを使った活発な遊び相手もしてくれて人気です。


子供たちを優しく見守ってくださるスタッフさん


@城南信金経堂支店:毎週火曜日11:00〜14:00(休みの日もあり)
詳細は、ホームページとブログでご確認ください。

HP: http://kono-machi.net/

blog: https://ameblo.jp/kominkamamas/