• ツイッター
  • フェイスブック

親子で体験レポート親子で体験レポート

子育て当事者に、より使いやすく!より役立つ情報を!

ご自宅で楽しめる親子向けのコンテンツを体験取材。


自宅体験

「HoiClue(ほいくる)」Webコンテンツ

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム「HoiClue(ほいくる)」。
子供の“やってみたい”を無理なく一緒に楽しめるアイディアや情報がつまっています。

東京ズーネットYouTubeチャンネル

おへやでアウトドア!?新聞紙テント〜わくわく広がる製作遊び〜

今回はHoiClueコンテンツ「あそびのタネ」の中でも子供たちに人気の「新聞紙テント」作りを、ゆずき君(4歳)に体験してもらいました。
最近、おうち遊びのレパートリーが減ってきて困っているというゆずき君パパも一緒です。

*「新聞紙テント」作りはいかがでしたか?

材料・道具は、新聞紙、ガムテープ、セロハンテープ、しっかりとしたひも、はさみ。それさえあればいいので気軽に体験できました。シンプルな工程が多いので、やって見せさえすれば、あとは見よう見まねで黙々と作業していましたね。組み立てなどは複雑なところもあるのでそこは大人の手でサポートしながらやる必要がありました。

*体験中のゆずき君の反応は?

まず新聞紙を丸めて棒にする工程があるのですが、初めは力加減が分からず何度も失敗していました。しかし、上から手を重ねて力加減を教えてあげると、ようやくコツがつかめたようで、しっかりとした棒を作ることができました。

ゆずきくん1

テントの軸になる棒が出来上がったときは嬉しそうに並べて眺めていました。
男の子なので棒を振り回したくてウズウズしているのが伝わってきました・・・が我慢!

ゆずきくん2

ガムテープで楽しそうにひとり遊び!何でもすぐにおもちゃにしてしまう年頃です。

ゆずきくん3

気持ちを取り直して、しっかり一緒にガムテープで、テントの骨組みを組んでいきます。

ゆずきくん4

ようやくテントが完成!嬉しそうに、何度も出たり入ったりして、はしゃいでいました。

ゆずきくんとお父さん

あまった新聞紙で棒を作ってあげると、それを武器にして、大声を出しながら、ぐるぐるとテントの周りを走り出しました。どうやら敵(?)からテントを守っていたようです。

ゆずきくんとお父さん

実はこの翌日、転んだ拍子でテントを壊してしまいひどく落ち込んでしまったのですが、すぐに棒を追加して修理しました。「パパすごい!」ととても喜んでくれて私も嬉しかったですね。

*パパはいかがでしたか?

私自身ものづくりは得意な方なのですが、2時間かけて作ったので正直少し疲れました。でも息子に「それ、どうやるの!すごい!」「丸めるの早いよ」と言われて、パパとしてかっこいいところも見せられたかなと少し誇らしげな気持ちです。
完成後は中に隠れたり、周りを走り回って遊んでいました。相当疲れたのか、夜は寝かしつけする間もなくぐっすり寝てくれて助かりました。「HoiClue(ほいくる)」には色々なコンテンツがあるようなので、他の作品作りにも挑戦してみたいですね。


「HoiClue(ほいくる)」

2010年に保育士が立ち上げた、遊びと学びが広がる情報サイト。身近な材料で楽しめる製作遊び、季節の戸外遊びなど幅広い遊びのアイデアを中心に、10,000記事以上のコンテンツを掲載。「こどものやってみたいっておもしろい。」をテーマに、真面目さと遊び心を携えて運営中。

「HoiClue(ほいくる)」からのメッセージ

”作り上げること”ではなくて”子どもとの楽しい時間”を目的として、自由にアレンジしたり展開したり、そこからあたらしい遊びを生み出したりして、遊びアイディアの参考までに自由に楽しんでいただけたらと思います。


「HoiClue(ほいくる)」Webコンテンツ
https://hoiclue.jp/