• ツイッター
  • フェイスブック

親子で体験レポート親子で体験レポート

子育て当事者に、より使いやすく!より役立つ情報を!

ご自宅で楽しめる親子向けのコンテンツを体験取材。


自宅体験

ヒルズ街育プロジェクト

森ビルでは、これまで50年以上にわたり、地域の方と共に街づくりを進めてきています。
「ヒルズ街育プロジェクト」は、そのなかで培った様々な街づくりのノウハウを、地域の皆様や未来を担う子供たちに体験してもらい、楽しく学びながら、次世代の都市のあり方を共に考えていこうという試みです。

2021 SUMMER ONLINE TOUR

今年度第1弾となる街育オンラインツアーは、「環境とみどり」をテーマに開催されました。
ヒルズの豊かな自然を探検しながら、都心におけるみどりの大切さ、みどりを増やす街づくりについて学びます。
今回は、事前に送られてきたキットを見て、始まる前からワクワクしていた小学4年生のらい君とお母さんに体験してもらいました。

楽しく学べる!都市の中にはさまざまな植物や生き物が!

「環境とみどりのヒミツ探検ツアー」では、事前に自宅に送付された「五感で楽しむヒミツのキット」を手に取り、みどりの大切さについて学んだり、街で見かける身近な生き物に関するクイズに回答したりしながら、緑化が地球環境にもたらす価値や、みどりを増やす街づくりについて楽しく考えていきます。

開始時間になると、参加している数十人の同世代の小学生やその親御さんの姿が画面に並びます。らい君は、さっそくその中に自分とお母さんの姿を見つけ、指を差してお母さんに報告!いよいよツアーのスタートです。

最初に、「街にみどりがあるとどんな良いことがあるでしょうか?」と先生からの問いかけがありました。参加者は一斉にチャット機能を使って書きこんでいきます。らい君も自分の住んでいる街を想像し、悩みながらも「空気がきれいになる」と書き込みました。先生に読み上げられると「選ばれた!」と嬉しそう。

次は、動物や植物の種類や見つけ方について、クイズ形式で学んでいきます。虫に関するクイズが出題され、虫が大好きならい君は、見事全問正解!鳥の鳴き声を聞き名前を当てるクイズでは、お母さんと一緒に考えましたが、残念ながら不正解。しかし参加者の投票率が表示され、正解者が少ないことが分かると、ほっと肩をなでおろしました。

続いて、いよいよ「五感で楽しむヒミツのキット」を使っての学習。中にはトゲトゲした固めの葉っぱが入っており、参加者が葉っぱの匂いを嗅いで、その感想をチャットに思い思いに書き込んでいきます。らい君は「さわやかな匂いがする」と書き込みました。葉っぱの正体は、ハーブの一種であるローズマリー。効能の一つとして「リラックス効果がある」と聞くと、すぐに隣のお母さんにも嗅がせてあげていました。

その次は、世界で起きている環境問題を題材に、人の暮らしと環境問題のつながりや、解決のヒントとなるみどりの役割について学びました。都市を暑くする原因である「ヒ-トアイランド現象」について、実際に六本木ヒルズ周辺のアスファルトと屋上庭園の地面を比較すると、屋上庭園の地面の方が約15度も温度が低いことが分かり、「めっちゃ涼しいじゃん!」とらい君もびっくり。緑あふれる屋上庭園が涼しいのは、葉っぱで太陽光が防げること、雨水を吸った土は表面が熱くならないこと、水が蒸発する時に涼しくなることが理由だと聞くと、お母さんも勉強になったようで、「お母さんも知らなかった!」とらい君に話しかけていました。

最後に、植物栽培キットを取り出します。中には3種類の植物がランダムに入っており、植物の名前が英語表記で書かれています。英語が読めなかったらい君は、お母さんに「これ、どの植物?」と質問。らい君の元に届いた栽培キットの一つは「マリーゴールド」でした。先生から「日当たりの良いところで育ててください」というアドバイスを受けて、さっそく部屋の中を見渡し、日当たりの良さそうな窓際にマリーゴールドの栽培キットを置くことに決めました。

*はじめてのオンラインツアーはいかがでしたか?らい君の感想を聞かせてください。

色んなことを楽しみながら環境や生き物のことを学べてよかったです。特に鳥の鳴き声が流れたところが楽しかったです。街の中に緑を増やすことで、虫が増えたり、温暖化を防げることが分かりました。僕も花などを育てることで、温暖化を防いだり、生き物が住める街づくりを目指したいです。街中の緑を発見できるパンフレットをもらったので、さっそくこれを見ながら散歩したいです。

らいくん1

*お母さんから見て、らいくんの反応はいかがでしたか?

少し飽きっぽいところがある子なので、ツアー途中に飽きてしまったらどうしようかと心配していましたが、ツアーが始まると夢中で参加していました。ツアー中に生き物に関するクイズが出題されるのですが、答えに迷うと私に「①かな、②かな?どっちだと思う?」と聞いてきたり、キットに入っていた植物の匂いをかがせてくれて「これ、なんの匂いがする?」と尋ねてくれたので、私も一緒に楽しむことができました。

らいくん2

*お母さんが印象に残っていることを教えてください。

ツアー全体を通して、動画や音声が流れたり、チャット機能でコミュニケーションがとれたり、クイズに参加できたりと、子供を引き付けるような工夫がされていて、あっという間の1時間でした。自然に触れ合う機会がなかなかないので、貴重な経験ができたと思います。本人も普段見られないような顔をしていて、見ている私も楽しくなりました。ぜひまた参加したいと思います。

今年の夏休みはオンラインイベントに参加してみませんか?

森ビル株式会社では、「キッズワークショップ2021」を8月10日(火)~8月23日(月)の期間、オンラインにて開催。全34種・64講座のプログラムがあります。詳細は、こちらの公式サイトをご覧ください。

「森ビル」からのメッセージ

ヒルズ街育プロジェクトでは、子供たちが本物の街を題材に、五感を通じて学びを得る体験学習として、2007年からツアーを実施しています。毎年1,500名以上の親子にご参加いただいており、従来型のツアー開催が難しい中、昨年よりオンライン開催をスタートしました。

「環境・みどり」をテーマとしたオンラインツアーは初めての試みで、昨今、世界的にSDGsへの関心が高まり、国内外で環境への取り組みがますます加速する中、親子で地球環境や緑の大切さを学びました。

ツアーでは、クイズやチャットによる双方向コミュニケーションを交えながら、ヒルズを例に都市の豊かなみどりや多様な生きものを紹介しました。ツアー後に、参加した子供たちが自分の街を探検し、みどりや生きものに目を向けて、「環境とみどり」の視点で今の街、そして未来の街について考えるきっかけになればと思います。


ヒルズ街育プロジェクト
https://www.mori.co.jp/machiiku/top.html