子供シンポジウム ティーンズ・アクション TOKYO 2020
子供シンポジウム ティーンズ・アクション TOKYO 2020

東京の子育て支援について、中学生・高校生の参加者がグループ研究の成果を発表し、各分野におけるパネリストと意見交換を行います。

■座長:小森伸一先生(東京学芸大学 准教授/学長補佐)

※本活動は、特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所の協力で実施しています。

東京の子育て支援について、中学生・高校生の参加者がグループ研究の成果を発表し、各分野におけるパネリストと意見交換を行います。

■座長:小森伸一先生(東京学芸大学 准教授/学長補佐)

 

※本活動は、特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所の協力で実施しています。

ティーンズ・アクション TOKYO 2020
ティーンズ・アクション TOKYO 2020

つなげよう!地域社会
-子供たちの未来を拓くために-

AI時代を生き抜くために、子供たち一人一人のレゴ型学力が必要。
子供たちの声をヒントに、新しい協働や仕組みづくりを考えましょう。

藤原 和博
ゲスト講師

藤原 和博(ふじはら かずひろ)

教育改革実践家/元リクルート社フェロー/杉並区立和田中学校元校長

(プロフィール) 1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、
新規事業担当部長などを歴任後、ヨーロッパ駐在、96年同社フェローとなる。2003年より5年間、
都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。
詳しくは「よのなかnet」( https://www.yononaka.net )をご覧ください。

子供の想像力と未来を育む、
協働プランを考えよう。

自然との共生、ライフ・ワーク・バランス、多様性のある社会、子供たちの居場所づくりをテーマとした協働プランについて、各分野で活躍する4名のパネリストと藤原和博氏によるパネルディスカッションを開催いたします。子供の想像力と未来を育む、協働プランを一緒に考えませんか。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、参加型のグループワーク形式からパネルディスカッション形式にプログラム内容を変更いたしました。
東京ウィメンズプラザ
東京ウィメンズプラザ外観
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67

交通のご案内

  • JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線
    渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線
    表参道駅 B2出口から徒歩7分
  • 都バス(渋88系統)
    渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分