子育て協働フォーラム
子育て協働フォーラム
第1部発表
twitter
Facebook
Instagram

ティーンズ・アクション TOKYO 2020

東京の子育て支援について、「子供たちの目線」で研究発表。

事前のグループ活動を通じて中学生・高校生年齢の方が東京都の子供・子育ての取組について研究し、当日発表します。
テーマは、「私たちと都政をつなぐイベントを企画しよう!」「どんな“まち”なら親子でお出かけしたくなる?」「家庭生活と仕事の両立を実現できる社会とは?」「グローバルな時代、言語や文化の違いを理解し合おう!」「放課後改造計画! どうすれば放課後がもっと楽しくなる?」を予定。
10代の目線で考える東京の子育て支援について、意見を聞いてみませんか。
※本活動は、特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所の協力で実施。
第一部発表
 

ティーンズ・アクション TOKYO 2020

東京の子育て支援について、「子供たちの目線」で研究発表。

事前のグループ活動を通じて中学生・高校生年齢の方が東京都の子供・子育ての取組について研究し、当日発表します。
テーマは、「私たちと都政をつなぐイベントを企画しよう!」「どんな“まち”なら親子でお出かけしたくなる?」「家庭生活と仕事の両立を実現できる社会とは?」「グローバルな時代、言語や文化の違いを理解し合おう!」「放課後改造計画! どうすれば放課後がもっと楽しくなる?」を予定。
10代の目線で考える東京の子育て支援について、意見を聞いてみませんか。 ※本活動は、特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所の協力で実施。
twitter
Facebook
Instagram
第2部講演

AI時代を生き抜く子供の育て方

21世紀の成熟社会は、一人一人のレゴ型学力が必要。
新しい仕組みづくりや、協働の仕掛けづくりのヒントがいっぱい。

藤原 和博
ゲスト講師

藤原 和博(ふじはら かずひろ)

教育改革実践家 元リクルート社フェロー 和田中学校・一条高校元校長

(プロフィール) 1955年東京生まれ。 78年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。 東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、93年よりヨーロッパ駐在、96年同社フェローとなる。 2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。 08~11年橋下大阪府知事特別顧問。16年から2年間奈良市立一条高校校長としてスマホを授業に活用。 教育界に蔓延る「正解主義・前例主義・事勿れ主義」を排し一斉授業を超える新しい仕組みづくりに奔走。
詳しくはホームページ「よのなかnet」 http://yononaka.net
第3部ワーク

グループワーク

グループに分かれて「協働」アイデアを出し合ってまとめる45分のグループワークを開催します。 各グループそれぞれの「協働」ビジョンをディスカッションして発表。 この機会に、協働相手を見つけましょう!
東京ウィメンズプラザ
東京ウィメンズプラザ外観
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67

交通のご案内

  • JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線
    渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線
    表参道駅 B2出口から徒歩7分
  • 都バス(渋88系統)
    渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分