東京の子育てを
もっと素晴らしく!

~協働交流・促進プロジェクト~

みんなが力を合わせればTokyoの子育ては
もっと良くなる。
子育て応援とうきょう会議では
企業、団体同士が助け合う
「協働」の実現を応援しています。

一覧を見る

投稿する

協働ニュース

企業団体様向けにイベントや各種情報をお知らせします。

企業・団体の活動をインタビューしました

東京で先駆的な取組を行う企業や団体に
活動内容のインタビューを実施。
注目の取り組みを取り上げ、ご紹介しています。

専門知識で“見立て”、家族と一緒に子どもたちをサポート

一般社団法人ぽけっと(文京区)

一般社団法人ぽけっとでは、発達障がいなどさまざまな理由から、日常や集団生活でなかなか力を発揮できず困っているお子さんの療育支援(児童発達支援や放課後デイサービス)をはじめ、お子さんを支える保護者へのペアレントトレーニング、保育園や幼稚園の先生など支援者に向けた研修、施設への巡回訪問等、幅広い活動で子どもたちのサポートをされています。法人立ち上げのきっかけや詳しい活動内容やについて、代表理事の吉本舞美さんにお話を伺いました。

詳しくはこちら

NPO法人

子供のやりたい気持ちを叶える遊び場を

認定NPO法人 冒険遊び場の会(国分寺市)

子供の外遊び、どうしていますか?一昔前までは、いつも行く公園に居合わせた友だちやそのお兄ちゃん・お姉ちゃんが遊んでくれました。しかし、最近では“人に迷惑をかけない子育て”が主流で、外遊びがしづらくなっているようです。そんな中、国分寺市で活動する「冒険遊び場の会」では、“たっぷりと、豊かな遊びを”をビジョンに子供の遊び場を各所に展開しています。一体どのような活動をしているのでしょうか?今回は代表の武藤さんにお話しを伺って来ました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

子供の遊びや芸術文化体験の場づくり

NPO法人多摩子ども劇場(多摩市)

文化芸術や遊びの体験を通じ、子供と大人が共に育ち合える地域をつくっていこうという大きな市民活動である子ども劇場が、1986年に多摩の地でも「多摩子ども劇場」として誕生しました。遊び、音楽、劇などの様々な文化的活動を地域の子供たちに提供している理事長の春田さんと理事の島野さんにお話を伺いました。

詳しくはこちら

NPO法人

日本の子ども食堂と東南アジアを支援

NPO法人レイボーチェ(板橋区)

地域の子ども食堂や東南アジアを支援するNPO法人レイボーチェ 。一時的な支援ではなく、持続的に支援できる仕組みを作るのが大切だと考えます。では、持続的な支援をするために具体的にどのような活動をしているのでしょうか。日本と東南アジアの架け橋となって未来を担う子どもたちを応援する、代表の阿部さんにお話を伺いました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

東京をはじめ全国各地、被災地を「移動式子ども基地」で駆け巡り、子供の遊び場を展開

特定非営利活動法人 コドモ・ワカモノまちing(千代田区)

カラフルなトラックから木材や布、竹、革、ビー玉やベーゴマ、紙芝居など100種類以上の材料やおもちゃが登場すると、子供達は思い思いに遊び道具を選んで遊び始めます。東京をはじめ、全国各地や被災地を「移動式子ども基地」で巡り、子供の遊び場を展開する特定非営利活動法人コドモ・ワカモノまちing、代表理事の星野諭さんにお話をお伺いしました。

詳しくはこちら

NPO法人

地域の子供を地域で見守り育てよう

NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク(豊島区)

2012年に代表の栗林さんによって設立された「NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」は地域の子供を地域で見守り育てようという考えの元、それに賛同する仲間たちとともに様々な取り組みをしています。 今回は、WAKUWAKUネットワークでホームスタート・わくわくの活動を担当している荒砥さん、浜さん、加藤さんの3名にお話をお伺いしました。

詳しくはこちら

子育て応援とうきょう会議では、
多くの企業・団体に会員となって頂いております。
その中から互いに助け合い、協力し合える仲間をぜひ探してみてください。

※協働会員とは、子育てとうきょう会議の
目的に賛同していただける団体が、
とうきょう会議とともに、社会全体で子育てを応援する取り組みを実施するための登録制度です。