東京の子育てを
もっと素晴らしく!

~協働交流・促進プロジェクト~

みんなが力を合わせればTokyoの子育ては
もっと良くなる。
子育て応援とうきょう会議では
企業、団体同士が助け合う
「協働」の実現を応援しています。

一覧を見る

投稿する

協働ニュース

企業団体様向けにイベントや各種情報をお知らせします。

企業・団体の活動をインタビューしました

東京で先駆的な取組を行う企業や団体に
活動内容のインタビューを実施。
注目の取り組みを取り上げ、ご紹介しています。

自分には力がある 大切な自分を守るための女性や子ども向け護身法

NPO法人ライフライツ インパクト東京(足立区)

女性や子どものための護身法講座を開いているインパクト東京。前身の団体は、阪神・淡路大震災後に被災地で起こった女性への性暴力事件を知った初代代表が1997年に任意団体として設立。その後名称変更やNPO法人化を経て現在に至ります。2代目の代表となる森山奈央美さんにお話をお聞きしました。

詳しくはこちら

その他

子育て支援を、本当に必要な人に届けたい!思いをつなぎ、現役ママ・行政・NPOの共催で作り上げる情報見本市

品川子育てメッセ(品川区)

NPO法人ふれあいの家―おばちゃんち、そして現役ママたちがメンバーを務める実行委員会の協働開催で、11年前に始まった「品川子育てメッセ」。「品川という地域全体で子育てを応援したい!」そんな思いから始まった品川子育てメッセは、子育てに関するさまざまな情報が集まる「情報見本市」です。第1回目から子育て中のママたちの関心は高く、メッセが開催された大井町駅周辺がベビーカーで埋め尽くされたほど。それだけ需要があることが分かり、第3回目からは品川区との共催事業となり現在の3者による協働開催になりました。11年目を迎えた品川子育てメッセの実行委員の皆さんに、メッセ開催の思いや運営についてお話を伺いました。

詳しくはこちら

バスの乗り方を楽しくレクチャー 公共交通を使って子供のコミュニケーション力を育む

企画集団らくもび(品川区)

公共交通のひとつであるバスの乗り方や死角体験を、親子や自転車に乗る人に向けてレクチャーを行っている企画集団らくもび。バスにまつわるクイズを解いたり、運転席に乗って実際に死角を体験することで、日常の生活や安全に役立ち、バスで親子のお出かけをするきっかけになったと好評です。今回は、共同代表の髙島さんにお話をお伺いしました。 

詳しくはこちら

300を超える子供向けワークショッププログラムを開催。未来を担う子供達の創造の場を全国へ

NPO法人CANVAS(台東区)

今の子供達が大人になる頃には、更にグローバル社会やデジタル化が進み、より大量の情報が国を超えて行きかうようになると予想されます。未来を担う子供達に創造的な学びの場を開いているNPO法人CANVA(キャンバス)。300を超す子供向けワークショッププログラムを開発し、全国で展開しています。総勢600名を超えるプレイヤーやフェロー、ボランティアとの活動の様子やワークショップコレクションなどについて、ワークショップコーディネーター・講師の並木江梨加さんにお伺いしました。

詳しくはこちら

保育士の働きやすい環境づくりを推進。保育士の楽園Projectを全国に広めたい

ちゃのま保育園(墨田区)

都心部での保育園の待機児童問題がメディアで例年報道されている。保育園に入るための「保活」も年々早期化が進み、子供の預け先に頭を悩ませる保護者も多い。自身の子供が待機児童になったことをきっかけに、ちゃのま保育園を立ち上げたオーナー・宮村柚衣さんにお話を伺いました。

詳しくはこちら

選択してください

ママ達の力は無限大。北区でママ達の居場所、活躍の場を開く

「子育てママ応援塾」ほっこり~の(北区)

フリースクールでのフルタイム勤務時に育休取得をし、退社後専業主婦、そしてパート勤務と様々な働き方を経験。ママ達の居場所が必要と、ママが自分の時間を楽しめる「子育てママ応援塾 ほっこり~の」を設立。今、たくさんのママ達の「やりたい」が叶う場となっている。「子育てママ応援塾 ほっこり~の」代表の内海千津子さんにお話を伺いました。

詳しくはこちら

子育て応援とうきょう会議では、
多くの企業・団体に会員となって頂いております。
その中から互いに助け合い、協力し合える仲間をぜひ探してみてください。

※協働会員とは、子育てとうきょう会議の
目的に賛同していただける団体が、
とうきょう会議とともに、社会全体で子育てを応援する取り組みを実施するための登録制度です。