企業・団体の活動をインタビューしました

東京で先駆的な取組を行う企業や団体に
活動内容のインタビューを実施。
注目の取り組みを取り上げ、ご紹介しています。

社団・財団法人

「産後うつゼロの社会の実現」を

乳幼児子育てサポート協会(中央区)

「産後うつ」をご存知でしょうか?産後うつとは、まだ体力の回復しない産後1ヶ月前後から発症するうつ病のことで、ストレスや育児への不安から気分が落ち込む・無気力になるなどさまざまな症状が現れ、7人に1人がかかると言われています。中央区に拠点を置く乳幼児子育てサポート協会では「産後うつゼロの社会の実現」を理念に、全国に協会の認定講師を配置し、母親をサポートしています。今回は代表の行本(ゆくもと)さんに、その活動について伺いました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

NPO法人

子供の健やかな成長環境を考えたデザインを

NPO法人 キッズデザイン協議会(港区)

お店で商品を購入するとき、「KIDS DESIGN AWARD(キッズデザイン賞)」と書かれた“K”のマークを見かけたことはありますか?そのマークは、子供が健やかに成長できるような環境をつくるために研究・開発された優れた商品に使われているマークです。私たちが日常で利用しているモノやサービスも、キッズデザインのものが数多くあります。今回は、そのような先進的な作品を社会に広げていく活動をしているキッズデザイン協議会の福田さん・濱田さんにお話を伺ってきました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

NPO法人

子供のやりたい気持ちを叶える遊び場を

認定NPO法人 冒険遊び場の会(国分寺市)

子供の外遊び、どうしていますか?一昔前までは、いつも行く公園に居合わせた友だちやそのお兄ちゃん・お姉ちゃんが遊んでくれました。しかし、最近では“人に迷惑をかけない子育て”が主流で、外遊びがしづらくなっているようです。そんな中、国分寺市で活動する「冒険遊び場の会」では、“たっぷりと、豊かな遊びを”をビジョンに子供の遊び場を各所に展開しています。一体どのような活動をしているのでしょうか?今回は代表の武藤さんにお話しを伺って来ました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

その他

子供が自分を表現できる環境を作る

一般社団法人 武蔵てらこや(豊島区)

「子供たちが人と関われる環境は、昔に比べ狭くなっていると思います。だから自分たちが地域のお兄さん・お姉さんの代わりになりたいと思っています」と一般社団法人武蔵てらこやの中村淳吾さんは語ります。実は武蔵てらこやは学生が主体となって運営している団体ですが、その活動は子供たちが喜ぶ楽しくてダイナミックな企画ばかり。学生だからこそできるその活動内容とは?そして武蔵てらこやの使命とは?今回は学生代表の中村さんにお話を伺ってきました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

企業

ママと社会をつなげて「困った」を「楽しい」に企画もイベントもママ目線の親子カフェ

親子カフェWithCo(多摩市)

地元の多摩市を中心に、周辺の市からもたくさんのママと子供たちが集まる「親子カフェWithCo」。目の届く広いスペースで子供を遊ばせながら、子育ての悩みを語り合ったり、楽しいイベントに参加したりすることができます。運営しているのは株式会社ジェネレーション。IT企業の同社がなぜ親子カフェを立ち上げたのでしょうか。その思いを代表の遠藤さんに、日々の活動についてはスタッフの皆さまに伺いました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

子どもの好奇心を育む環境作りを応援

NPO法人 子育てKitchenグループ (文京区)

1才半~2歳になると、子どもは親のやっていることに興味を持ち始めます。でも「忙しいから来ないでほしいな・・・」というのが親の本音。そんな親御さんたちに、「子どもが“一緒にやりたい”と言って親のところに寄ってくるのは、ほんのひとときなんですよ」と語るのは、NPO法人子育てKitchenグループ代表の田中さん。子どもの好奇心を、忙しい日常でも上手に受け止めてあげる方法とは?今回は4人の子育て経験を活かして、0歳から未就学児の親子を対象に料理教室を担当している田中さんに、お話を伺ってきました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

地域社会で子育てをしよう!さまざまな世代がシングルママの子育てを応援

あらかわシングルマザーサロン(荒川区)

お茶を飲みながら、子育てや暮らしの情報交換を――あらかわシングルマザーサロンは、シングルマザーが子どもと少し離れて、自分のこと、子育てのこと、仕事のこと、他の人に聞いてみたいことなどを話をしたり・聴いたりしながら、みんなで一緒に考えたり、情報交換をしたりするサロンです。地域全体で子育てをサポートする「あらかわ子ども応援ネットワーク」のメンバーでもある同サロンの活動や思いについてお聞きしました。

詳しくはこちら

NPO法人

犯罪・災害に備えて全国で安全教育を実施する

NPO法人 体験型安全教育支援機構 (文京区)

子供が犯罪や災害に遭ってしまったとき、自分で自分の身を守れるでしょうか?何とかして自分の命を守れるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか?型にはまった従来の訓練では、もはや不十分かもしれません。 全国の学校などで子供たちに安全教育を行っている「体験型安全教育支援機構」。実際に犯罪や災害に遭ってしまったとき、役に立つ安全教育とはどんなものか、清永さんと砂川さんに伺いました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

NPO法人

日本の子ども食堂と東南アジアを支援

NPO法人レイボーチェ(板橋区)

地域の子ども食堂や東南アジアを支援するNPO法人レイボーチェ 。一時的な支援ではなく、持続的に支援できる仕組みを作るのが大切だと考えます。では、持続的な支援をするために具体的にどのような活動をしているのでしょうか。日本と東南アジアの架け橋となって未来を担う子どもたちを応援する、代表の阿部さんにお話を伺いました。

協働インタビュー有り 詳しくはこちら

その他

おしごと体験を通して、子供が考え、感じ、がんばった過程を大切にしたい

夢★らくざプロジェクト(品川区)

「世の中にはさまざまな職業があります。子供たちにはたくさんの選択肢があることを知った上で『これをやりたい!』を決めてほしいです」。そう話すのは、夢★らくざプロジェクトの代表理事を務める高田亮さん。職業体験やものづくり体験の過程で自ら考え、感じたことから本当の夢を見つけていってほしいと語る高田さんに、夢★らくざプロジェクトの活動や今後の展望についてお話を伺いました。

詳しくはこちら