親子の日々に寄り添い、顔の見える地域づくり

サニーママ武蔵野 北町高齢者センター子育てひろば「みずきっこ」(武蔵野市)

サニーママ武蔵野 北町高齢者センター子育てひろば「みずきっこ」(武蔵野市)


プロフィール

加藤 真愛(かとう・まい)
夫の転勤に伴い銀行を退職後、出産。2児の母。サニーママ武蔵野代表、北町高齢者センター子育てひろば「みずきっこ」施設長。児童養護施設等様々な施設での福祉活動後、保育園・障がい者デイサービス施設等で勤務し、現施設を開所。子育て中の親子を対象とした文化レッスンや、コンサート等のイベント、吉祥寺北collabonoコミセン親子ひろばや「みずきっこ」の運営、子育て情報誌「ママとなり・パパとなり」の発行、オンラインイベントの開催等を行う。

“孤育て”を解消するため、子育て中の親の日々に寄り添う活動を

活動内容をご紹介ください。

加藤さん:東京にある、武蔵野市北町の高齢者センター内で、子育てひろば「みずきっこ」を運営しています。ワンオペ育児と言われるように子育てに祖父母の協力を得られにくい現状では、母親と子供との1対1の関係は長期に継続します。母親の精神的余裕が失われ、この関係が煮詰まることは、家庭内外に悪影響をもたらす可能性もあります。そこで同じ地域に住む母親同士が気軽に集える場所・イベントを用意し、お互いの悩みを共有・共感することにより、家事育児に追われる母親の気持ちに寄り添うことを目指して活動しています。

母親同士が気軽に集える場
母親同士が気軽に集える場


武蔵野市立北町高齢者センター中庭
武蔵野市立北町高齢者センター中庭

世代間交流と文化の伝承、母親の社会復帰支援など

高齢者の方との交流も実施されていますね。

加藤さん:高齢者センター内の立地を活かし、武蔵野市に住む高齢者の方の経験や特技を次の世代に伝える活動も行っています。結果、有益な文化伝承と質の高い次世代育成にも寄与していると自負しています。具体的には子育て中のママと子どもが、高齢者の方と一緒に季節行事を体験するなど。世代間交流を通じて、母親は子育てに関する悩みを解消でき、高齢者の方には生活の楽しみを与えられるような関係性を作ることが理想です。

季節行事や昔遊びで高齢者の方と交流
季節行事や昔遊びで高齢者の方と交流


母親の復職支援 子育てしながら地域とつながる

子育て中のママがボランティアをしているそうですね。

加藤さん:子連れボランティアさんの活躍の場が多く用意されているのも特長の一つです。結婚・出産を機に退職したり、育休に入った後に社会復帰を望む母親に対しては、当団体の運営を一緒に行うことで、社会との関わりを維持し、具体的な社会復帰支援のスモールステップとして復帰に向けた準備を行える環境をお届けしています。「みずきっこ」で自分のママが働く姿を見て成長した子どもは、ママが社会復帰をする時には自然に働くママを応援する子どもに育っているのは嬉しいですね。子供達も活動を通し地域につながるので、ママが復職して、働きに戻る際には、子供を安心して地域に残していけます。

子連れボランティアさんやスタッフ
子連れボランティアさんやスタッフ


地域の方々の協力により、オンラインイベントを開催

コロナ対策として、どのような活動をされていましたか。

加藤さん:自粛期間中、施設は閉所しても、利用者の日々に寄り添う機能は残そうと、スタッフと共に3月の早い段階でオンラインアプリの勉強会を開き、平日は毎日「オンラインおやこひろば」を開催しました。中止となったイベント講師によるミニイベント、日々に寄り添うランチタイム座談会、助産師による育児相談や防災士による防災講座、保育コンシェルジュによる保育園幼稚園相談などの各種相談会、スタッフの手遊び等を休校中の小学生にもお手伝いしてもらい開催しました。また自粛中に出産する方や出産予定の方を対象に、地域とのつながりがない方向けの「0歳ひろば」も開催しました。多胎児サークルとの共同企画もあり、学区ごとに存在する地域福祉の会や商店街、他の子育て施設など、オンライン交流を通じて地域施設や団体にたくさんのご協力をいただきました。オンラインにつなげない世代の方は、閉館中の施設をスタジオ代わりに来館してもらい、施設からイベントを配信しました。高齢者センターのデイサービスの方々ともオンラインでつながり、誕生日会も行いました。
これまで開催したイベントに参加された「みんなの声」はこちらに紹介しています。
https://ameblo.jp/sunnymama-musashino/entry-12608758820.html

参加者親子の写真
参加者親子の写真


オンラインと対面、それぞれの強みを活かして活動を継続

これからの活動について、目標を教えてください。

加藤さん:オンラインひろばを開催したことで、これまでフォローしきれていなかった層、例えば、ひろばへ出てくることが困難な新生児、多胎児、発達不安、里帰り出産、転居後地域へまだなじめていない親子等へのアプローチも可能なことがわかりました。悪天候や今回のような感染症が蔓延している時期には、オンラインでの活動は非常に有効です。
一方で、対面にはオンラインだけではフォローしきれない、同世代との仲間づくりや、ふれあい効果もあります。今後は対面とオンラインのそれぞれの強みを活かした活動を行っていく予定です。

安全第一に運営、オンラインも活用し、親子の日々に寄り添う

感染症予防対策のため、施設は利用時間、人数、対象に制限を設け、安全第一に運営しています。施設に入館できない場合でも、遊びに来てくれた親子にご家庭で楽しめる工作を配布しています。そのほか、毎月行っていたイベントやプレママも参加できる0歳ひろば、コンサート、防災講座、育児相談などは「オンラインおやこひろば」にて配信中です。

親子の日々に寄り添う活動、ご一緒しませんか

オンラインイベントでは、市内外・世代を問わず、子育て支援にかかわる有益な活動を支援してくださる団体・人を常に歓迎しています。ゲスト出演や講演など、子育て中の親子の日々に寄り添う活動を共に行ってくださる方は、ぜひご連絡ください。

サニーママ武蔵野 ブログ
https://ameblo.jp/sunnymama-musashino/
サニーママ武蔵野 Twitter
https://twitter.com/sunnymama6341/
みずきっこ 公式ホームページ
http://mizuki-ko.jp/