• ツイッター
  • フェイスブック

地域の団体活動紹介地域の団体活動紹介

知ろう!出会おう!とうきょう子育て

地域で芽生えた先駆的な支援策や注目の取り組みを取り上げ、取材して紹介します。

子育てと働くことを両立できる社会を目指して

NPO法人Arrow Arrow(国分寺市)

NPO法人Arrow Arrow(国分寺市)


プロフィール

代表理事 海野 千尋(うんの ちひろ)
大学卒業後広告代理店にてプランニング、ディレクション、営業に従事。その後ITベンチャー企業にてwebディレクターとして情報設計に関わる。2011年の東日本大震災をきっかけに、社会課題解決型ビジネスの取組に関心を持つようになり、自身の課題でもあった働き方の選択肢を作る「NPO法人Arrow Arrow」に2013年より参加。企業への働き方コンサルティング、自治体協働事業推進、キャリアデザイン研修講師、新しい働き方のプラットフォーム作りを実施。2015年同法人の共同代表、2019年より代表理事。
Arrow Arrow

子育てと働くことを両立できる選択肢の創造

どのような活動をしているのですか?

海野さん:子育てや介護などを理由に仕事を辞めなくてもよい社会、つまり「選択肢あふれる社会の創造」をビジョンに掲げ、個人と組織の双方に対し、様々な支援活動を行っています。

事業説明

具体的な内容を教えてください。

海野さん:主に3つの事業を行っています。1つ目は、育児休業取得に際した組織へのコンサルティングです。例えば、「妊娠・出産・育児をする社員に対し、組織はどのように対応したら良いのか」といった課題に取り組む企業に入り、組織だけではなく社員に対してもそれぞれアドバイスをすることもあります。
2つ目は、ママインターンプロジェクトです。短時間で働きたい女性が再就職する際にトライアル期間を設けて実際に地域の企業にインターンとして働くなど、女性の再就職と地域の雇用の双方を支援する事業です。
3つ目は、中小企業ワークスタイル研究会の運営です。すでに多様なワークスタイルを取り入れている企業をお招きし、参考にできる取組などを学び合う研究会です。

未来の働き方を具体的にイメージし共有する場を提供

新型コロナ対策として活動に変化はありましたか?

海野さん:対面で行う対話の場は大きく損なわれてしまいましたが、これまでArrow Arrowの活動を通じて繋がりのできた皆さんとオンラインでランチ会を開くなど、オンラインならではの活動を実行しています。また、新型コロナにより働き方を変えた個人と組織とを取材し、工夫していること等を取り上げ「働き方のtips」としてホームページに掲載するなど、広く発信しています。さらに、以前よりグローバルコンサル企業と協働で進めてきた先駆的な働き方を「働き方の未来図」プロジェクトとして実現し、先日はオンラインワークショップを開催しました。

オンライン・ランチ会
オンライン・ランチ会
http://arrowarrow.org/jisseki/683/687.html


リモート・テレワーク・在宅、働き方のtips1


リモート・テレワーク・在宅、働き方のtips2

リモート・テレワーク・在宅、働き方のtips
http://arrowarrow.org/jisseki/683/688.html


オンラインワークショップ 働き方の未来図づくり
オンラインワークショップ 働き方の未来図づくり
http://arrowarrow.org/works/personal/futuremap/

オンライン・ワークショップはどのような内容だったのですか?

海野さん:子育てや介護を経験した方を参加対象とし、それぞれの経験をシェアしてもらいました。私たちは、子育てや介護などで一時期仕事を離れていたとしても、それはブランクではなく、新たな経験を積んだ期間であると考えています。それぞれの経験によって、どのようなスキル(例えば効率的に仕事をこなすスキルなど)をどのように修得したのか等、他の人にとって参考になることがたくさんありました。ワークショップを通して、子育てや介護の経験を積んだ方たちは、いわば働き方にイノベーションを起こす貴重な存在とういうことを再確認できたイベントでした。

変化に対し臨機応変に整合できる「地域のシェア型チーム」を実現

これからの目標をお聞かせください。

海野さん:新型コロナの影響で、多くの方にとって「暮らす」ことと「働く」ことの距離がぐっと近くなりました。在宅でできることは何か?新型コロナにより目まぐるしく変わる生活様式に合わせて働ける方法は?など様々な事情や思いがある中で、「暮らす」と「働く」を両立するためにひとつの仕事をチームで受ける環境の実現が有効ではないかという結論に至りました。それが現在トライアルで進行中の「地域のシェア型チーム」事業です。今後また新型コロナのような外的要因で生活が変化しても、臨機応変に整合できるような選択肢をたくさん創っていきたいと思います。繋がる方々との関係は、一時的ではなくずっと続きます。関わる方々が「心地よく暮らすこと」と「自分らしく働くこと」を両立できるよう併走し続けることが目標です。

12月13日「子育て協働フォーラム」にパネリストとして参加

パネリストとして参加するにあたり、意気込みや期待等を教えてください。

海野さん:中高生が参加するイベントは初めてなのでとても楽しみです。子供たちの将来に対するビジョンや「働くこと」に対する意見を踏まえて、どんな協働ができるかを考えてみたいです。

子育てと働くことの両立へ、共に変化を創っていきましょう。

子育てしながら働くという選択肢を選ぶことができる現代になってきていますが、まだまだ会社の規模や状況によって選べないことや、難しいこともあるかもしれません。
子育てしながら働くことのできる環境は、皆さん一人ひとりと一緒に創っていけるものだと思っています。共に変化を創っていきましょう!

子育てと働くことの両立を。働き方の選択肢を創るために。

妊娠・出産・子育て・介護などのライフイベントと、働くこととを両立したいと考える方の後押しはもちろんですが、それを受け入れる側が変わらなければ前進することはできません。
どのような規模の組織であっても、働き方の選択肢を創ることができるよう、個人と組織の双方に働きかけていきたいと思っています。

NPO法人Arrow Arrow ホームページ
http://arrowarrow.org/
NPO法人Arrow Arrow Twitter
https://twitter.com/ArrowArrow_info
NPO法人Arrow Arrow Facebook
https://www.facebook.com/NPOArrowArrow
ママインターンプロジェクト
http://momintern.com/